恐竜絶滅!?『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占最終予告編!

© Universal Pictures

『ジュラシック』シリーズ誕生25周年の節目を迎え、7月13日(金)に日本公開されるシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本独占最終予告が解禁された。

巨匠・スティーブン・スピルバーグが恐竜に命をふきこみ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。『ジュラシック・ワールド』は、全世界のトータル興行収入16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録した。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の主要キャストは、前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投する。

監督は『怪物はささやく』で、ゴヤ賞9部門を受賞したハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナが大抜擢。製作総指揮・脚本を前作の監督コリン・トレボロウ、そして、トレボロウと共にスティーヴン・スピルバーグも製作総指揮を務める。

© Universal Pictures

今回、<日本のためだけ>に制作された最終予告は、火山の大噴火が迫り、絶望的な危機に瀕しているイスラ・ヌブラル島に、恐竜たちを救うため主人公オーウェンが帰ってくるところから始まる。

前作で心を通わせた恐竜ブルーと脱出しようとした瞬間、何者かに撃たれ恐竜たちが連れ去られてしまう。火山噴火の危機の背後で、人類の歴史を揺るがす隠された陰謀がうごめいていたのだ。連れ去られ、牢に閉じ込められたブルーや恐竜たちの運命は…。

© Universal Pictures

T-レックスやモササウルス、そして新たな究極のハイブリット恐竜など、シリーズ最多の恐竜オールスターが総出演。最大級のスケールで描く、これぞジュラシック!と思わせる原点回帰のサスペンス感満載の大迫力映像となっている。

ストーリー概要

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

関連記事

新たな恐竜の暗示…!?ジュラシック・ワールド最新予告が解禁!
日本未公開映像も!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像が解禁!
予告編にはマルコム博士も!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』7月日本公開決定!
新たな恐竜パニックが巻き起こる!『ジュラシック・ワールド』新場面写真公開
映画『ジュラシック・ワールド』特別映像が公開。スピルバーグが魅力を語る

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com