5人の香港人監督による“10年後の香港”。映画『十年』

5人の香港人監督による“10年後の香港”を描いたオムニバス映画『十年』の日本公開が決定し、予告映像が解禁となった。

映画『十年』日本公開決定&予告映像解禁

地元産の卵 十年
「地元産の卵」より

映画『十年』は、香港新人監督によって制作されたオムニバス作品。クォック・ジョンによる「エキストラ」ウォン・フェイパンによる「冬のセミ」ジェヴォンズ・アウによる「方言」キウィ・チョウによる「焼身自殺者」ン・ガーリョンによる「地元産の卵」の5本で構成され、それぞれ“10年後の香港”を描いている。

自主映画として製作費750万円(500,000香港ドル)で製作され、2015年12月に1館からはじまった本作の上映は、徐々に上映館を広げ興行収入約9200万円(6,094,741香港ドル)を記録。口コミが広がり、同日に公開された『スターウォーズ/フォースの覚醒』の動員を一時凌ぐ勢いで、2016年3月には、香港のアカデミー賞といわれる香港金像奨で最優秀作品賞を受賞している。

焼身自殺者 十年
「焼身自殺者」より

このたび公開された予告映像では、5本のオムニバス作品を1本のつながった映画のように見せ、香港の未来と人々の不安をドラマチックに描いている。映画『十年』は、2017年7月22日(土)よりK’s cinemaほか全国順次公開。

関連記事

中国へ売られた女。脱北ブローカー、そして韓国へ
タイソンとの対決も!『イップ・マン 継承』本予告映像
『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』予告映像解禁
いまドニー・イェンが熱い! 香港アクションスターの映画で燃えろ!
中国の正統派ラブストーリー『シチリアの恋』予告解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com