『彼女がその名を知らない鳥たち』“あなたがその名を知らない?映画祭たち” 邦画作品、世界で大活躍中!

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

蒼井優、阿部サダヲW主演『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日(土)より全国ロードショー。ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかるの20万部を超える人気ミステリー小説の待望の映画化となる。

メガホンを取るのは『凶悪』(13)、『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌。ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑む。W主演の蒼井優、阿部サダヲの二人に加え、松坂桃李、竹野内豊といった実力確かな豪華俳優陣が織りなす“全員最低なのにまぎれもない愛の物語”が描かれる本作。蒼井優演じるクレーマーで自分勝手な女・十和子や、阿部サダヲ演じる不潔で下劣、そのうえ十和子に異様な執着を見せる男・陣治、松坂桃李演じる一見誠実そうな風貌ながらとにかく薄っぺらな水島、竹野内豊演じる十和子の昔の恋人であり、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない黒崎と、全員共感度0なクズなキャラクターたちばかり。

今回は本作が出品されている国際映画祭の数々を大紹介する。

第42回トロント国際映画祭(カナダ)

『彼女がその名を知らない鳥たち』は、9月7日ー9月17日に開催された北米最大規模の映画の祭典・第42回トロント国際映画祭の「世界的な視野と注目すべきストーリー性を持つ作品」をセレクションする【コンテンポラリー・ワールドシネマ部門】へ出品された。

会場はいち早く観ようと集まった観客で会場が埋めつくされた。上映後は号泣する観客の姿が多数みられ、万雷の拍手が鳴り響くなか現地の観客から日本語で「この映画は凄い、オメデトウ」と声をかけられるなど、カナダの映画ファンを魅了させた。

第22回釜山国際映画祭(韓国)

釜山国際映画祭はアジア最大の映画祭で本日10月12日から10月21日まで開催される。『彼女がその名を知らない鳥たち』の正式出品も決まり、オープニングセレモニー及びレッドカーペットに、W主演を務める蒼井優さん、阿部サダヲさん、白石和彌監督の3人が参加する。

本作以外では、嵐・松本潤×有村架純主演『ナラタージュ』、佐藤江梨子×瑛太主演『リングサイド・ストーリー』など、この秋公開予定の邦画注目作の数々が出品されいる。

第12回ローマ国際映画祭(イタリア)

また若手注目監督グザヴィエ・ドラン、巨匠・デビッド・リンチ監督といった名だたる著名人がゲストとして招待される、第12回ローマ国際映画祭への出品も発表された。10月26 日から11月5日に開催され【オフィシャルセレクション部門】への出品が発表されている。

ベネチア国際映画祭に対抗してローマ市の全面協力により始まった映画祭で、観客が審査員となる市民参加型の映画祭として人気を博している映画祭。本作以外では三浦しをん原作、井浦新×瑛太が主演を務める『光』(11 月 25 日(土)より全国公開)が出品。公式招待作品として永井豪原作「マジンガーZ」シリーズを新たに劇場アニメーション化する『劇場版 マジンガーZ INFINITY』が選定されるなど、邦画旋風が巻き起こっている。

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

米・アカデミー賞や、世界三大映画祭と称されるカンヌ・ヴェネツィア・ベルリン映画祭と言った、日本人にも聞き覚えがある大規模映画祭がある一方、トロント国際映画祭をはじめとしたインディペンデント系のラインナップが多い中・小規模の映画祭も多数存在する映画祭事情。

そこには作品力の高い邦画作品も多数出品されており、日本人の繊細さが表現されたストーリー性と、役者たちの心揺さぶる熱演は世界中で高い評価を受けている。

関連記事

蒼井優&阿部サダヲ「かの鳥」キタノ以来、14年ぶりの快挙となるか?
蒼井優&阿部サダヲW主演『彼女がその名を知らない鳥たち』本予告、解禁!
松坂桃李&竹野内豊、最低クズ男に!映画『彼女がその名を知らない鳥たち』
全員最低な愛の物語…『彼女がその名を知らない鳥たち』特報解禁
蒼井優&阿部サダヲ、白石和彌監督と初タッグで“究極の愛”に挑む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事