『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』横尾忠則氏描きおろしポスターが解禁!

2018年5月25日(金)全国公開となる、山田洋次監督最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』のポスタービジュアルが解禁となった。

山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズ終了から20年ぶりとなる喜劇映画「家族はつらいよ」シリーズ。本作はその新作。

ポスターを手がけたのは世界的アーティスト・横尾忠則氏。

山田洋次監督『東京家族』(12)でY字路をモチーフにしたイメージポスターを描いて以来、「家族はつらいよ」シリーズでは、スチール写真とグラフィックを絶妙に構成したポスターデザインを手がけてきた。

4度目のコラボとなった最新作では、横尾忠則氏の描き下ろし画によるもので、作品のタイトルである「妻よ薔薇のように」をモチーフに、ビビッドでカラフルな色合いとタッチで描かれており、花瓶に生けられた8本の薔薇の花の中に、お馴染みの“家族”を演じた8人の実力派俳優陣の肖像がそれぞれに描かれた驚きのビジュアルとなっている。

「妻」の“女”の中心に、ハートが添えられたロゴも横尾氏のデザイン。

平田家の父・周造を演じる橋爪功氏からは「横尾さんの画の中に登場できるなんて、光栄の至りです!」と感激のコメントが寄せられた。

そして本作でも、横尾氏が本編のオープニングタイトルを担当することが決定した。

『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』は2018年5月25日(金)全国公開。

ストーリー概要

史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親3世代で暮らす主婦。ある日、家事の合間にうとうとしていた昼下がり、泥棒に入られ、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれた!!夫から「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまでたまっていた不満が爆発した史枝は、家を飛び出してしまう。一家の主婦が不在となった平田家は大混乱!身体の具合の悪い富子(幸之助の母/吉行和子)に代わり周造(幸之助の父/橋爪功)が掃除、洗濯、食事の準備と慣れない家事に挑戦するがそんなこと続くわけがない。家族揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するのだが、史枝が戻ってくる気配は一向にない。家族会議、緊急召集!平田家崩壊の危機か!?ダメ夫を持つ全ての女性が笑って共感し、しみじみ泣けて励まされる。映画界の巨匠・山田洋次監督が贈る、新・国民的喜劇シリーズ第3弾。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com