『女は二度決断する』オフシーンを含む特別映像が解禁!

© 2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH& Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH 

第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞したドイツ映画『女は二度決断する』が、2018年4月14日(土)より公開。この度シネマズ先行でキャストや監督のインタビューと、貴重な現場のオフシーンが公開された。

本作は突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女が主人公。絶望の中、彼女がくだす決断とは。その衝撃のラストは大きく胸を揺さぶり、世界中で議論が巻き起こっている。人間の強さ脆さや、切なさに共感し、心に突き刺さる傑作サスペンスである。

© 2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH& Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH 

「キャスティングは毎度未知数」と語るアキン監督。しかし今回はダイアン・クルーガーを主演に選んだことでプラスの相乗効果が起こった。ダイアンもアキン監督との出会いは「キャリアの中でとても大切。信頼しているし、ここまで役に入り込んだのは初めて」と今までにない経験を明かした。

共演者のウルリッヒ・トゥクールもまたダイアンについて「自分と全く違く人物を見事に演じていた」と絶賛。主人公カティヤとその夫の友人で弁護士のダニーロを演じだデニス・モシットもダイアンとファティを最強のコラボと評している。

現場で多くの時間をともにした2人。簡単な解釈で片付けられない内容なだけに、何度も事前打ち合わせをしたそうだが、撮影現場のメイキングでは、現場でも意見をかわす様子が写しだされている。

その合間にふざけあう風景も写し出され、ダイアンとアキン監督の固い信頼関係が生まれていたことを伺わせる。『女は二度決断する』をぜひ劇場で。

ストーリー概要

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。しかし、裁判は思うように進まない。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか――。

関連記事

ドイツからハリウッド、そしてカンヌ受賞女優となったダイアン・クルーガーの軌跡

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com