血まみれの松坂桃李にエリートな松坂桃李…『孤狼の血』場面写真5枚が解禁!

5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)より、松坂桃李演じる、日岡秀一の新場面写真が解禁となった。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。松坂桃李演じる“キャリア組”で呉原東署に配属された刑事の日岡秀一は、役所広司演じる刑事の大上章吾とペアを組まされ、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。しかし大上は刑事でありながらその行き過ぎた捜査に、暴力団との癒着をも噂される刑事。

『孤狼の血』場面写真が解禁!

今回解禁となった場面写真では、血まみれの日岡の姿が…。大上の常軌を逸した捜査に振り回させるが、大上と共に捜査をしていく中で、表情も心持ちも変化していく日岡。そんな日岡の変化を松坂さんが見事に演じている。

自分の信じる“正義”を追い求め、本当の試練に立ち向かっていく日岡…。そして日岡を待ち受けるものとは…。

『孤狼の血』のあらすじ


物語の舞台は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。

所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

『孤狼の血』についての記事を読む

関連記事

『アウトレイジ』に対する東映の答え─『孤狼の血』の本予告が解禁
「かの鳥」白石和彌監督×『不能犯』白石晃士監督が松坂桃李を語る!
中村倫也の新境地!『孤狼の血』の「狂犬」永川の場面写真が解禁
役所広司・松坂桃李「一緒に飲みに行きたい」最強バディ誕生!『孤狼の血』制作発表会見レポート
映画『孤狼の血』原作者・柚月裕子インタビュー「四拍子揃ったすごい映画になると確信」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com