「コンプラって何!?」「控えめに言ってアウト!」『孤狼の血』をわかりやすく解説する動画が完成

5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)より、映画コメンテーターの赤ペン瀧川が解説する、映画『孤狼の血』の特別映像が解禁になった。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。役所広司演じるベテラン刑事の大上章吾、松坂桃李演じる新人刑事の日岡秀一が所属する、警察署の面々と暴力団同士の抗争を描いた、躰が痺れる、恍惚と狂熱の126分。

そんな『孤狼の血』を、スライドとトークを武器に様々な添削(ツッコミ)する、「スライドトーク職人」と呼ばれている赤ペン瀧川が自作スライドと共に添削。 洋画・邦画に関わらず様々な映画の添削動画で話題の瀧川だが、公開前にも関わらず、すでに2回鑑賞! 冒頭から「観客の度肝を抜く役所広司 と松坂桃李が観られる!」と熱弁。

他にも真木よう子、中村獅童、竹野内豊、ピエール瀧、石橋蓮司、 江口洋介など日本屈指の俳優陣が揃い 踏み。そんな豪華キャストをすべてを広島に呼び込み、オールロケで撮影したことからも、本作に対する監督の熱意を感じると語る瀧川。

物語の舞台は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。役所広司演じる大上はベテランの叩き上げ刑事だが、瀧川も「今まで様々な作品を観てきたなかで、一番怖い役所広司」と言い切るほど、刑事ながら暴力団のような刑事。その捜査方法は、バディを組まされた日岡(松坂桃李)が戸惑いを隠せないほど。

「暴力団を潰すのが警察だ」と言い張る日岡に対し、「暴力団を操るのが警察」だという大上。正義に対する方向性が全く違う二人だがそんな中、暴力団同士の抗争が激化していき、それに対し大上の行動もさらに暴走していく…。果たして二人は抗争を止めることができるのか、どの正義が勝ち残るのか!?

■『孤狼の血』本予告はこちらから

『孤狼の血』のあらすじ

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

『孤狼の血』に関する記事を読む

関連記事

真木よう子が色気全開で魅せる昭和のママ!『孤狼の血』場面写真が解禁
血まみれの松坂桃李にエリートな松坂桃李…『孤狼の血』場面写真5枚が解禁!
白石組常連の音尾琢真が『孤狼の血』で全身刺青のヤクザに!場面写真4枚解禁
『アウトレイジ』に対する東映の答え─『孤狼の血』の本予告が解禁
中村倫也の新境地!『孤狼の血』の「狂犬」永川の場面写真が解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com