【メイキング映像】『狂武蔵』|2020年8月21日(金)公開

『狂武蔵』|2020年8月21日(金)公開

メイキング映像

日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓が9年前に撮影し、日の目を見ぬまま眠っていた幻の“侍映画”『狂武蔵』(くるいむさし)より、山﨑賢人が侍役として登場するメイキング映像が到着した。

本作は、『GANTZ』『キングダム』シリーズのアクション監督を務めた下村勇ニがメガホンを取り、77分ワンシーン・ワンカットで撮影、坂口がたった独りで400人の相手を斬り捨てるという前代未聞かつ実験的とも言えるアクションに挑戦している。撮影中に坂口は、共演者に対して「本気でかかってこい!手を抜いたら殺す!」と周囲に圧をかけ撮影に臨み、その結果、リアルな緊張感の中、400人と本気で殺し合う宮本武蔵の姿を演じ切った。

今回追加されたメイキングでは、映画『キングダム』での共演で坂口と強い絆で結ばれた山﨑賢人が登場。劇中では山﨑は親友・吉岡清十郎を坂口演じる武蔵に討たれたことにより深く悲しみ、その仇討ちに燃える、武士・忠助(ちゅうすけ)を演じ、武蔵の神業とも言える剣術に羨望を覚えつつも復讐に燃える迫真の演技見せるが、このメイキングでは、その舞台裏が映し出される。

ストーリー

1604(慶長9)年、9歳の吉岡又七郎と宮本武蔵(坂口拓)との決闘が行われようとしていた。武蔵に道場破りをされた名門吉岡道場は、既にこれまで2度の決闘で師範清十郎とその弟伝七郎を失っていた。面目を潰された一門はまだ幼い清十郎の嫡男・ 又七郎との決闘を仕込み、一門全員で武蔵を襲う計略を練ったのだった。一門100人に加え、金で雇った他流派300人が決闘場のまわりに身を潜めていたが、突如現れた武蔵が襲いかかる。突然の奇襲に凍りつく吉岡一門。そして武蔵 1人対吉岡一門400人の死闘が始まった!

作品情報

出演:TAK∴(坂口拓)、山﨑賢人、斎藤洋介、樋浦 勉
監督:下村勇二
原案協力:園子温
2020年/91分/16:9/5.1ch 企画・制作: WiiBER U’DEN FLAME WORKS 株式会社アーティット
配給:アルバトロス・フィルム
©2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners
公式サイト:https://wiiber.com/

⇒他の記事も読む

関連記事

侍と忍者の違いを「ハイロー」のアクション監督も務めた坂口拓が語る!映画『レッド・ブレイド』動画インタビュー
『キングダム』続編、山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈ら続投決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com