『ビール・ストリートの恋人たち』特報映像&ポスタービジュアル解禁

(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞®作品賞受賞『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督最新作『ビール・ストリートの恋人たち』が2019年2月22日(金)より全国公開。この度、本作の特報映像とポスタービジュアルが解禁された。

今回解禁された特報では、1970年代のニューヨークで、幼馴染として幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニーの姿が映し出される。『ムーンライト』に続き、うっとりするような洗練された映像美はまさに鳥肌ものだ。見つめ合う二人のクローズアップ、華やかなデパートで働くティッシュ、ハーレムのストリートで親友と抱擁を交わすファニー。地下鉄でふたりがすれ違い、悲しみの表情を見せ…。

そして輝く光に照らされながら新しい命が誕生するまで、すべてのシーンがみずみずしく詩的に描かれる。そして、バックにはローリン・ヒルの歌声が流れる。彼女がボーカルを務める伝説のヒップホップグループ The Fugeesの世界的なヒットソングにしてグラミー賞受賞曲「やさしく歌って」、日本では、ネスカフェのCMソングでも有名なこの曲に乗せて贈る特報映像は、ふたりの愛とその運命を優しく包みこむように映画の世界観を彩っている。

あわせて解禁されたポスタービジュアルは、ピンク、オレンジ、ブルーといった美しい色合いのグラデーションが印象的だ。予告映像の中でも語られる「愛があなたをここへ連れてきた。」という一言は、バリー・ジェンキンス監督も「ジェイムズ・ボールドウィンの原作の中で好きな言葉」だという台詞。額をあわせそっと身を寄せ合う若い2人の、愛よりも深い“運命”で結ばれたラブストーリーを感じさせるとともに、どこか切ない予感を抱かせるビジュアルに仕上がっている。

ストーリー概要

1970年代、ニューヨーク。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニー。互いに運命の相手を見出し幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。二人の愛を守るため、彼女とその家族はファニーを助け出そうと奔走するが、様々な困難が待ち受けていた…。

関連記事

『ビール・ストリートの恋人たち』邦題&2/22公開決定!『ムーンライト』監督最新作
『ムーンライト』の何が『ラ・ラ・ランド』を抑えたのか。
映画『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督、こだわりの演出方法とは?
『ムーンライト』肌の色に込められた意味とは?
『ムーンライト』は全国民必見の恋愛映画!ある意味『君の名は。』だった!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com