120年前の京都の動画も!映画の父「リュミエール兄弟」の貴重な映像たち

映画の父“リュミエール兄弟”が製作した作品1422本から厳選された108本より構成された映画『リュミエール!』の日本オリジナル予告が解禁となった。

リュミエール兄弟が遺した至極の映像を厳選『リュミエール!』

リュミエール! サブ1

スピルバーグもルーカスもジェームズ・キャメロンもクロサワも小津も、映画はここから始まったー。1895年12月28日パリ、ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画『工場の出口』等が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒。現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、当時の人々の心を動かした――

リュミエール! リュミエール兄弟

映画『リュミエール!』は、映画の父“リュミエール兄弟”が1895年から1905年の10年間に製作した1422本より、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成された、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた作品。

映像は、4Kデジタルで修復され、フレモー氏が自ら解説ナレーションを担当、ひとつの時代、そこに生きる様々な人や場所、伝統の証人である映像とともに、20世紀を目前とした世界への旅に誘う。

リュミエール! サブ2

このたび公開された日本オリジナル予告映像には、1895年に上映された世界初の短編映画『工場の出口』、リュミエール作品の中でも多くの人が目にしたことのあるコメディ『水を撒かれた水撒き人』(1895)、そして、世界各地の映像、エジプト・ギザで撮影されたピラミッド(1897)、水の都ヴェネチア(1896)、セーヌ川から撮影されたエッフェル塔(1897)、ロンドン・ウェストミンスター橋から撮影されたビック・ベン(1896)など貴重な映像が満載のもの。

リュミエール! サブ3 日本最古の映像

さらに1897年の京都、剣道家ふたりの試合を撮影した120年前の日本の様子は、現存する日本最古の映像のうちの1本といわれており、映画としてだけでなく、世界の歴史を垣間見ることのできる予告映像となっている。

映画『リュミエール!』は2017年10月28日(土)より、東京都写真美術館ホールほか全国順次公開。

リュミエール! ポスター

画像ギャラリー

(C)2017 – Sorties d’usine productions – Institut Lumière, Lyon

関連記事

20世紀の日本映画を振り返る、企画展「激動昭和の時代を駆け抜けた銀幕のスターたち」
坂本龍一を追ったドキュメンタリー、ベネチア国際映画祭に公式出品
デヴィッド・リンチ監督に迫るドキュメンタリー、2018年公開へ
映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』予告
求め合う女たち…危険で美しき官能の世界『アンダー・ハー・マウス』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com