【本予告】『mid90s ミッドナインティーズ』|2020年9月4日(金)公開

©2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

ジョナ・ヒルの初監督作『mid90s ミッドナインティーズ』の本予告映像が公開された。

気鋭のスタジオA24とタッグを組み、ジョナ・ヒル自身の半自伝的な10代の思い出をもとに作り上げられた青春映画である本作。90年代のロサンゼルスを舞台に、シングルマザー家庭に育った13歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)がスケートボードを通してかけがえのない仲間たちと出会い、子供から大人への扉を開いていく姿を描く。

本予告映像では、兄(ルーカス・ヘッジズ)が出掛けている間にこっそりと部屋に入り、棚に並べられたお気に入りのCDやカセットテープを熱心に調べるスティーヴィーの姿や、ある日偶然出会った“スケートボード”をきっかけに少しずつその日常が変わり始める様子、子供だけで行くドライブや年上の女の子とのデート、親身な言葉をかけてくれるかけがえのない仲間との出会いなど、たくさんの“初めて”を経験して、少しずつ広い世界を知っていくスティーヴィーの姿が映し出される。

さらに、自分の大切な仲間のことを理解せず、外見だけで判断する母親(キャサリン・ウォーターストン)との言い争い、これまで尊敬と畏怖しかなかった兄の弱い部分を目撃し、初めて「お前なんか怖くない」と抗えた瞬間、だれもが経験する子供から大人へと成長していく貴重な時間を切り取ったシーンのほか、ロサンゼルスの抜けるような青空のもと、おぼつかないながらも一人でボードを走らせていくスティーヴィーの姿や、本作のために出演した現役のプロスケーターが魅せる華麗なスケートテクニックも収められている。

ストーリー

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、母のダブニーと暮らしている。小柄なスティーヴィーは力の強い兄に全く歯が立たず、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。そんなある日、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出入りする少年たちと知り合う。彼らは驚くほど自由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが…。

作品情報

監督・脚本:ジョナ・ヒル『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』(出演)
製作総指揮:スコット・ロバートソン『レヴェナント:蘇りし者』、アレックスG・スコット『レディ・バード』
製作:イーライ・ブッシュ『レディ・バード』
音楽:トレント・レズナー、アッティカ・ロス
出演:サニー・スリッチ『ルイスと不思議の時計』『聖なる鹿殺し』、キャサリン・ウォーターストン『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、ルーカス・ヘッジズ『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』、ナケル・スミス
2018年 / アメリカ / 英語 / 85分 / スタンダード / カラー / 5.1ch / PG12
日本語字幕:岩辺いずみ/提供:トランスフォーマー、Filmarks
9月4日(金)新宿ピカデリー、渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャインほか全国ロードショー
配給:トランスフォーマー
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/mid90s/
©2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

⇒他の記事も読む

関連記事

人生のどん底だった時代を思い出した『ドント・ウォーリー』
エロ&グロのR指定アニメ映画、『ソーセージ・パーティー』がスゴイ!
【予告編】『PLAY 25年分のラストシーン』|2020年11月6日(金)公開
レトロな音楽やファッションが楽しめる!懐かしくも新しい青春映画5選
“音楽×青春”にハズレなし!傑作揃いの青春音楽映画5選

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com