「未満警察」第8話の見どころとあらすじ|松尾諭、ラッパーの般若がゲスト出演

中島健人と平野紫耀のW主演で話題のテレビドラマ「未満警察」。警察学校を舞台に、警察”未満”の二人が難事件に挑む予測不能フルスピードクライムサスペンスとなっている。

8月15日に放送される第8話には、個性派俳優の松尾諭、女優の銀粉蝶、ラッパーで俳優としても活躍中の般若がゲスト出演する。今回の見どころは、実務実習中に起きた強盗事件に立ち向かう快(中島健人)と次郎(平野紫耀)。第6話から動き出した「スコップ男事件」の進展からも目が離せない。

未満警察 第8話 あらすじ

連続猟奇殺人犯「スコップ男」とされた父の冤罪を訴える姉弟による警察学校立てこもり事件が心に引っかかったまま、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は交番での実務実習の日を迎える。

そんな折、制服警官が襲われ拳銃を奪われる事件が発生。その銃を使った強盗殺人事件も起り、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)からも細心の注意をもって交番での実習に臨むよう命じられる。

実習開始早々、近くの民家に暮らす引きこもりの野々村晴至(松尾諭)から、家に強盗が入り母親が拳銃で撃たれたと110番通報が入る。2人は指導役の先輩警察官のあとを追って現場へ急行。

するとそこには、銃で撃たれ横たわる晴至の母・野々村玲子(銀粉蝶)と、腰を抜かして震えている晴至の姿が。晴至のことを心配した本間が「この状況では隠れるしかなかったと思います。じゃなきゃ晴至さんまで撃たれてました」と声をかけると、晴至は「隠れてない」と連呼しながら2階へ上がり部屋に閉じこもってしまう。

そして事件現場には、刑事の柳田晋平(原田泰造)と稲西結衣(中村ゆり)も駆けつける。だが、柳田は捜査中にも関わらずどこか上の空で…。

その夜、寮に戻り、晴至に無神経なことを言ったことを反省する本間。同じ頃、立てこもり事件の時から様子のおかしい警察学校の同期・橘冬美(大幡しえり)は、寮の部屋で古い携帯電話を見つめていて…。

【番組公式サイト】
未満警察 ミッドナイトランナー|日本テレビ

⇒他の記事も読む

関連記事

「未満警察」第7話の見どころ・あらすじ|立てこもり犯の真意が判明! | シネマズ PLUS
【動画】「未満警察」W主題歌踊ってみた第2弾「RUN」 | シネマズ PLUS

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com