くりぃむしちゅー有田哲平、映画『007』公式アンバサダーに就任!

2015年12月4日(金)よりシリーズ最新作が全国公開となる映画『007 スペクター』

前作『007 スカイフォール』で達成したシリーズ最高の世界興収1000億円を超えるべく、『007』シリーズの世界での宣伝史上初となる『007』公式アンバサダーとして、くりぃむしちゅーの有田哲平が就任することが決定した。

unnamed

紳士的に振る舞うので笑いの数が減ります?

今回公式アンバサダーに就任した有田哲平はもともとかなりの映画好きで、ジェームズ・ボンドも好きなキャラクターだったとのこと。そんなボンドとの共通点として“お洒落なモテ男でありながら独身”“頭の回転が速くキレる男”であることが起用理由となり、『007』シリーズを長年制作しているイギリスのEON(イオン)プロダクション代表からも正式に許可をもらったということだ。

シリーズ第1作となる『007 ドクター・ノオ』が1962年10月5日にロンドンで初公開されたことから“ジェームズ・ボンドの日”である10月5日(月)に就任式が開催され、おなじみのボンドのテーマとともに、ダニエル・クレイグ演じるボンドと同様タキシードに身を包み、ワルサーPPKを構えた有田が登場。

終始恐縮しっぱなしで笑いを抑えていた有田だが、公式アンバサダーの任務として本作のアピールに尽力すること、今後開催するイベントの成功に貢献することを告げられると「大々的なイベントを公開前に考えています。プライベートの飲み会や番組でも告知みたいな感じでやるとやらしいので、さりげなくサブリミナル効果のようにどんどん入れていきたいと思います」と意気込みを見せた。

またアンバサダーとしてボンドのようにタキシードの似合う英国紳士らしい立ち居振る舞いも求められると「今は合コンでもお持ち帰りみたいなことはしていません。ちゃんと見送ったり、僕の方からサラダを取り分けたりと紳士に振る舞っています。イベントが終わるまでは紳士的に振る舞うので笑いの数が減ると思います。ご容赦ください」と発言。会場の笑いを誘った。

ジェームズ・ボンドの宿敵であるスペクターに例え、「自身にとって最強のスペクターは?」の質問に「最近一番の味方だったザキヤマが、まさか先に結婚するという奇襲に出た。毎日のように結婚生活を見せつけてくるんですよ。それが一番ツラいですね」とコメント。

『007 スペクター』については「今までのシリーズは完璧な色男ばかりだったけど、ダニエル・クレイグ版のボンドは弱さも兼ね備えていて人間的なところが大好きで見ている。ボンドはいつも美女を連れているイメージだけど失恋で悩んだりもする。僕も一緒です」とコメントし、「『007』はすごい大好きで。僕もわくわくするし楽しみにしています」とアピールした。

なお2015年10月26日(月)に行われる本作のロンドン・ロイヤルプレミアに招待されていることも発表。ウィリアム王子やキャサリン妃の出席も決定しており、公式アンバサダーである有田もダニエル・クレイグらと同じレッドカーペットを歩くことになっている。

映画『007 スペクター』は2015年12月4日(金)より全国公開。

公式サイト(Facebookページ)
https://www.facebook.com/JamesBond007JP

SPECTRE © 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

関連記事

サム・スミス『007 スペクター』主題歌を語る!
CG不要!?『007 スペクター』最新映像公開!
007最新作『スペクター』アストンマーティン限定最新モデル登場!
アストンマーティンとジャガーが激闘!『007 スペクター 』最新映像解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事