『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ポスタービジュアル&予告編解禁!“弱小新聞社”がアメリカ政府に立ち向かう

© 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. \b0ALL RIGHTS RESERVED.

2019年3月29日より公開の映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』より、ポスタービジュアルと予告編映像が公開された。

イラク戦争の大義名分である「大量破壊兵器」の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の記者たち4人の奮闘を描いた本作。2002年、米・ブッシュ大統領はイラクが核兵器をはじめとする大量破壊兵器を開発及び保持していると非難。アメリカ国内でも愛国心が強まり、イラクへの侵攻が始まろうとしていた。地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社ワシントン支局で働く記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ ストロベルは、政府の発する情報に疑問を持ち、証拠を探り真実を暴こうと取材を続けていく―。

『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソンと『X-MEN』のジェームズ・マースデンがナイト・リッダー社の記者たちを演じ、元従軍記者のベテランジャーナリストをオスカー俳優トミー・リー・ジョーンズが熱演。さらにはミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビールら豪華女優陣も参加し、人気実力派キャストの共演が実現した。そして、『スタンド・バイ・ミー』をはじめとする数々の名作を世に送りだしてきたロブ・ライナーが監督を務め、自身もナイト・リッダー社ワシントン支局長として出演しており、「イラク戦争開戦時から構想していた」というライナー監督渾身の一作となっている。

予告編映像には、真実を報道しようと政府職員や外交官らへ地道な取材を続けるナイト・リッダー社の記者ジョナサン(ウディ・ハレルソン)とウォーレン(ジェームズ・ マースデン)、そして伝説の記者ジョー(トミー・リー・ジョーンズ)やジョナサンを陰で支える妻ヴラトカ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の姿も収められている。さらには監督も務めたロブ・ライナーが支局長・ジョンとして記者たちを鼓舞する様子も映し出されている。「俺たちがこの戦争を暴いてやる!」と使命感に燃えるジョナサンをはじめ、弱小新聞社の記者たちが政府の巨大な嘘に立ち向かい真実を暴き出していく様がうかがえる映像となっている。

ストーリー概要

2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領はサダム・フセイン政権を倒壊させようと「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。イラク戦争が始まろうとしていた。アメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じ報道するなか、新聞社ナイト・リッダーの記者であるジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)とウォーレン・ストロベル(ジェームズ・ マースデン)はその発言に疑いを持ち真実を報道するべく、情報元を掘り下げていく―。

関連記事

ウディ・ハレルソンを大絶賛!『LBJ ケネディの意志を継いだ男』コメント&写真が独占解禁
『スリー・ビルボード』が永遠に語り継がれるべき、3つの大いなる魅力
『スリー・ビルボード』は“愛と執念の物語”と見せて、実はエンタメ要素満載の娯楽作!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com