これぞ原点回帰!『ザ・リング/リバース』日本公開へ

「リング」シリーズの3度目のハリウッド版リメイクとなる映画『ザ・リング/リバース』(原題:Rings)が、2018年1月に日本公開されることが決定した。

呪いのビデオを見た者は、必ず7日後に死ぬ…

「必ず7日後に死ぬ」と言われる呪いのビデオを見てしまったジュリア(マチルダ・ルッツ)。迫り来る運命から逃れ、呪いの連鎖を断ち切るべく、恋人のホルト(アレックス・ロー)とともに、呪いのルーツを辿り、謎を解き明かそうとする。やがて辿り着いたのは一人の少女の存在。しかしそれは更なる恐怖の幕開けだった――

ザ・リング/リバース メイン
(C)2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ザ・リング/リバース』は、“貞子”を生み出した傑作ホラーシリーズ「リング」の3度目のハリウッド版リメイクとなる作品。本作では、呪いのビデオを見てしまった主人公が、そのルーツを辿り、謎を解き明かすべく奔走するという、原作に忠実なストーリー構成となっている。

主人公のジュリアを演じるのは新人俳優のマチルダ・ルッツ、そしてジュリアの恋人・ホルト役はアレックス・ローが演じるほか、イミー・ティーガーデンガブリエル、ジョニー・ガレッキ、ボニー・モーガン、ビンセント・ドノフリオらが脇を固める。

製作は「ザ・リング」シリーズのローリー・マクドナルドとウォルター・F・パークスが手掛け、デヴィッド・ルーカ、ヤコブ・アーロン・エステス、『ビューティフル・マインド』でアカデミー脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマンらが脚本を担当している。メガホンをとるのは『アルマゲドン・パニック』のF・ハビエル・グティエレス監督。

今回の作品について原作者の鈴木光司は「これぞ原点回帰。ハリウッドで作られたリングシリーズ史上、もっとも原作に忠実で、もっとも怖い。驚いた」と絶賛のコメントを寄せている。

映画『ザ・リング/リバース』は、2018年1月全国ロードショー。

関連記事

夫婦の家に次々と訪れる“謎”の訪問者たち
「キングスマン」最新作、新予告解禁
『パディントン2』日本版主題歌をAIが書き下ろし
Jホラー界の“こどもつかい”王道貫・清水崇ワールド
『ブレア・ウィッチ』とPOVでホラー映画はどう変わったか

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事