天海祐希『老後の資金がありません!』ティザービジュアル|私の顔面がうるさくてすみません


垣谷美雨の26万部突破のベストセラー小説を映画化した、天海祐希19年ぶりの単独主演映画『老後の資金がありません!』より、インパクト満点のティザービジュアルが解禁された。

昨年6月、金融庁の報告書に年金の他に「老後には夫婦で2000万円が必要」と衝撃的な内容が記載されたことから、霞ヶ関、国民、メディアを巻き込んだ大騒動となったことが記憶にも新しい”老後の資金”問題。新たな年を迎えてもなお、「老後の資金は実質いくら必要なのか?」「貯めるにはどうすればいいのか?」と、全国民にとって避けては通れない一大事として、巷を賑わせ続けている。

本作の主人公である後藤篤子(天海祐希)も、まさしく老後の資金がずっと気になりながらも、かさむ一方の出費に気苦労の絶えない日々を過ごす、どこにでもいる普通の主婦。本ビジュアルでも、2000万円なんてとてもじゃない!とばかりに通帳残高に大ショックを受ける瞬間が映し出されており、涙は宙へと舞い、哀しみを笑い飛ばすかのような叫びが今にも聞こえてきそうな仕上がり。

天海は「何だか、私の顔面がうるさくてすみません(笑)。映画『老後の資金がありません!』のポスターなんですが…この激しいポスターが、全てを表現してくれてます(笑)。こんなに切羽詰まった主人公なんです。次々起こる困難や悩みにどの様に立ち向かうのか。きっと何かしらは、皆様共感して頂けるのではないかと思います」と自信をのぞかせた。

天海祐希コメント

何だか、私の顔面がうるさくてすみません(笑)
映画『老後の資金がありません!』のポスターなんですが…

この激しいポスターが、
全てを表現してくれてます(笑)
こんなに切羽詰まった主人公なんです。
私演じる、この主人公
次々起こる困難や悩みに
どの様に立ち向かうのか。
きっと何かしらは、皆様共感して頂けるのではないかと思います。

ちょっと笑えて
ちょっと切なく
そして、たっぷり優しい
ハートフルな映画です。

ぜひ、楽しみにして頂けたらと思います。

しかしながら私は、
このポスターが貼られ出したら
街を歩けるのか。
楽しみで幸せでありつつも
少々の恐怖を感じております。(笑)

どうぞ、宜しくお願い致します。

ストーリー

主人公・後藤篤子(天海祐希)は、家計に無頓着な旦那・章とフリーター娘のまゆみ、大学生の勇人を息子に持つ、節約がモットーの ごく普通な主婦。夫の給料と自身がパートで稼いだお金をやり繰りし、憧れのブランドバッグも我慢して、コツコツ老後の資金を貯めてきた。篤子には病気の舅と、高級ケアマンションで暮らす姑の芳乃がいた。月々のケアマンションの費用だけでも痛手だったのに、舅が亡くなり、章の妹・志津子と葬式代を誰がいくらを出すかで揉め、結局400万円近くも支払うことに。さらに、パートの契約が更新されず、篤子はクビを言い渡されてしまう…。そんな中、まゆみが結婚相手を家に連れてきた。メタルのバンドマン・琢磨は見かけによらず地方実業家の御曹司で、半年後の結婚式は格式高い麻布寿園で行いたいという。しかも費用は折半で。篤子は多額の出費予定に慄きながら、なんとかまゆみを送り出した。そんな中、章から会社が倒産したという連絡が入る。夫婦揃っての失業、減り続ける老後の資金。窮地に立たされた篤子は、レンタルモップの解約、車の売却と次々に節約改革を行う。しかし、篤子の努力もむなしく、お金はどんどん出ていくばかり…。これまでの生活が変化していくことを実感する篤子。そして、志津子と姑の今後に関して話している最中、篤子は思わず芳乃を引き取ると口走ってしまう。芳乃を加えて新たな生活が始まった。ところが高級和菓子屋に嫁いだ芳乃のお金の使い方は奔放で、またまた出費がかかる始末。窮地に立たされた篤子はどうする?!

作品概要

『老後の資金がありません!』
9月18日(金)全国公開
主演:天海祐希
原作:垣谷美雨「老後の資金がありません」(中公文庫刊)
企画プロデュース:平野隆
プロデューサー:岡田有正、下田淳行
脚本:斉藤ひろし
監督:前田哲
製作:映画『老後の資金がありません!』製作委員会
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東映
公式サイト:https://rougo-noshikin.jp
公式twitter:twitter.com/rougo_noshikin
公式Facebook:facebook.com/rougonoshikin/
#老後の資金がありません©2020映画『老後の資金がありません!』製作委員会

⇒他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com