「竜の道」第6話の見どころとあらすじ|最大の裏切りが発生!?

玉木宏と高橋一生の初共演にして、整形双子役が話題のドラマ「竜の道」。家族を奪った大企業に双子の兄弟が立ち向かう復讐サスペンスの第6話が9月1日に放送される。

2人の絆を確かめあった竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)だが、最大の裏切りが発生!?復讐計画が崩壊する危機に。源平(遠藤憲一)の妻・芙有子(斉藤由貴)の動きからも目が離せない。

竜の道 第6話 あらすじ

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。

竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。

そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!

【番組公式サイト】
火9ドラマ 玉木宏主演『竜の道 二つの顔の復讐者』| カンテレ

⇒他の記事も読む

関連記事

「竜の道」第5話の見どころとあらすじ|源平からの思わぬ反撃! | シネマズ PLUS
「竜の道」第4話の見どころとあらすじ|妹の疑念が双子の絆にほころびを… | シネマズ PLUS

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com