「竜の道」第7話の見どころとあらすじ|復讐計画は最終章へ

玉木宏と高橋一生の初共演にして、整形双子役が話題のドラマ「竜の道」。家族を奪った大企業に双子の兄弟が立ち向かう復讐サスペンスの第7話が9月8日に放送される。

竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)の復讐計画はついに最終章へ。源平(遠藤憲一)を殺人者として、社会から抹殺するべく作戦を実行する。しかし竜一の過去に迫る記者・沖(落合モトキ)により、美佐(松本穂香)は兄が生きていると知る。竜一と竜二、兄弟の誓いは遂げられるのだろうか。

竜の道 第7話 あらすじ

芙有子(斎藤由貴)を失った源平(遠藤憲一)は、悲しみを打ち消すかのように、さらに危険な経営へと暴走し、以前にも増して仕事に没頭する。何とかして大手通販会社との契約を勝ち取ろうと躍起になる。源平の焦りに乗じて、竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、曽根村(西郷輝彦)の手を借り、復讐の最後を飾るにふさわしい計画を実行することに。それは、キリシマ急便に恨みを持つ人物を利用し、源平を“殺人者”に仕立て上げて社会から抹殺しようという作戦だった――!

この計画ですべてが終わるかに思われたが、ある人物の裏切りにより、思わぬ方向へ。反対に、竜一が窮地に追い込まれてしまう。

一方、記者の沖(落合モトキ)が竜一を嗅ぎまわったことが発端となり、美佐(松本穂香)は、故郷にいる親族から竜一が生きているかもしれないと聞かされ、言葉を失う。にわかには信じられない話だったが、東京で“和田猛”と出会ってからのことを思い返した美佐は……。

【番組公式サイト】
火9ドラマ 玉木宏主演『竜の道 二つの顔の復讐者』| カンテレ

⇒他の記事も読む

関連記事

「竜の道」第6話の見どころとあらすじ|最大の裏切りが発生!? | シネマズ PLUS
「竜の道」第5話の見どころとあらすじ|源平からの思わぬ反撃! | シネマズ PLUS

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com