ペ・ヨンジュン初主演作『スキャンダル』デジタルリマスター版で劇場公開へ

スキャンダル ペ・ヨンジュン デジタルリマスター

ペ・ヨンジュン初主演作『スキャンダル』(2004年)がデジタルリマスター版として2018年に日本公開されることが明らかとなった。

『スキャンダル』15年の時を経てデジタルリマスターで復活

映画『スキャンダル』は、ピエール・コデルロス・ド・ラクロによるフランスの古典恋愛小説「危険な関係」を、18世紀の李朝朝鮮を舞台に映画化した恋愛ドラマ作品。日本での韓流ブームのの火付け役のひとり、ペ・ヨンジュンが主演をつとめ、これまでの誠実なイメージではなく、プレイボーイを熱演しファンを驚かせた。

日本公開は2004年で、華やかな朝鮮王朝を舞台に、優雅に繰り広げられる恋愛ゲームを描き、ペ・ヨンジュンとチョン・ドヨンとのベッドシーンでも話題となった。ペ・ヨンジュンにとっては、80本以上のオファーの中から選んだ初主演作となっている。

メガホンをとったのは『世界で一番いとしい君へ』『フライ・ダディ』などを手がけるイ・ジェヨン監督。韓国では当時「韓国映画最多週末観客数記録」など数々の記録を塗り替え、韓国最大の映画の祭典である青龍映画賞2003では、最優秀作品賞にも輝いた。

スキャンダル ペ・ヨンジュン デジタルリマスター2

日本での公開当時は、「冬のソナタ」がNHK総合チャンネルで放送スタートした直後。ペ・ヨンジュンによる映画初主演作ということもあり、公開するや否や劇場には人が連日押し寄せ、社会現象となった。しかし、ブームの反面、ペ・ヨンジュンやそのスキャンダラスな内容ばかりが注目されてしまっていたこともあり、ドラマとしてのクオリティや李朝家具や衣装などの豪華さを兼ね備えた作品的価値を再認識してほしいという意味を込め、「冬のソナタ」が日本にてBS放送にて初お披露目され、また韓国での制作から15年という節目である2018年に、デジタルリマスター版としての公開が決定したとのこと。

映画『スキャンダル デジタルリマスター版』は2018年新春、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

(C)2003 BOM FILM PRODUCTION CO,. LTD. ALL RIGHTS RESEVED.

関連記事

海外モノ濡れ場特集「日本、そしてハリウッドに行った韓国女優」
『新感染 ファイナル・エクスプレス』は韓国エンタメ映画の真骨頂!
韓国は大統領も、映画のヒットも大変!
韓国映画には復讐大喜利を考える人がいるはず
『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』意外な展開に賛否両論

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事