『世界から希望が消えたなら。』特報|10月18日(金)公開決定!

【特報】
『世界から希望が消えたなら。』

10月18日(金)ロードショー

『世界から希望が消えたなら。』の公開日が2019年10月18日(金)に決定し、特報が解禁された。

主演を務めるのは本作が映画初主演となる竹内久顕(たけうち ひさあき)。ベストセラー作家であり出版社の経営者でもある御祖真(みおや まこと)を熱演。余命宣告を受けながらも自分に与えられた使命を全うしようとする難役に挑戦した。そして、千眼美子(本名:清水富美加)が御祖真の秘書・藤坂沙織(ふじさか さおり)役、さとう珠緒が真の妻・御祖磯子(みおや いそこ)役を務める。

併せて、本作のイメージソング「もう一度だけ」のCD発売情報が解禁。歌唱を務めるのは、本作の脚本を執筆し、現在大ヒット公開中の映画『僕の彼女は魔法使い』(19年)の主題歌を担当した大川咲也加。本楽曲の特別動画も公開となった。

ストーリー

ベストセラー作家であり、自ら出版社を経営している御祖真(みおやまこと)。妻や3人の子供にも恵まれ充実した日々を過ごしていた彼には、誰にも言えない“秘密”があった。そんなある日、帰宅途中に胸の苦しみを感じた真は、外の空気を吸うために送迎車から降り、庭園を散歩する。そこでは結婚式が行われていた。娘の将来の花嫁姿を思い浮かべた矢先、激しい心臓発作に襲われその場に倒れてしまう。意識を失いかけた真の手には、トルストイ著『復活』が握られていた。緊急搬送された病院で医師から告げられたのは、無常にも“死の宣告”だった。

公開情報

『世界から希望が消えたなら。』
公開日:10月18日(金)ロードショー
製作総指揮・原案/大川隆法
竹内久顕 千眼美子 さとう珠緒 芦川よしみ 石橋保 木下渓
監督/赤羽博 音楽/水澤有一 脚本/大川咲也加 
製作/幸福の科学出版 製作協力/ARI Production ニュースター・プロダクション
制作プロダクション/ジャンゴフィルム 配給/日活 配給協力/東京テアトル
©2019 IRH Press

他の記事も読む

関連記事

『暗黒女子』、ダークでドロドロなアンチ・キラキラ映画には頑張ってほしい!
清水富美加さんと松井玲奈さんが微笑みかけてくれた…『笑う招き猫』にエキストラとして参加した話、とか

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com