『たちあがる女』日本公開決定!ジョディ・フォスター主演・監督でハリウッドリメイクも

©2018-Slot Machine-Gulldrengurinn-Solar Media Entertainment-Ukrainian State Film Agency-Köggull Filmworks-Vintage Pictures

処女長編作『馬々と人間たち』で鮮烈なデビューを飾り、北欧の才能と目されるベネディク ト・エルリングソン監督の最新作『Woman at war』が邦題『たちあがる女』として、2019年3月9日(土)より日本公開されることが決定した。

本作はコーラス講師と環境活動家、二つの顔を持つ女性 ハットラが、新しい家族を迎え入れ、母親になる決意をしたことから巻き起こる騒動をユーモラスに描くヒューマンドラマ。本年度のカンヌ国際映画祭・批評家週間の優秀な脚本に贈られるSACD賞受賞を皮切りに、 劇中で一人二役を演じた、主演女優ハルドラ・ゲイルハルズドッティルが二つの映画祭で最優秀女優賞を受賞したほか、2019年アカデミー賞アイスランド代表作品に選出されている。

また先日、ジョディ・フォスター監督・主演でハリウッドリメイクされることが決定した。本作に強く魅了されたフォスターは、「この映画は私に言葉では言い表せない興奮を与えてくれました。ハットラを演じるのが待ちきれません。私はユーモアと情緒を大胆に、そして奇抜に融合させたこの作品に引き込まれ続けています。これは私達の時代を代弁する作品なのです」と語った。

ストーリー概要

風光明媚なアイスランドの田舎町に住むハットラは、セミプロ合唱団の講師。彼女は周囲に知られざる、もう一つの顔を持っていた。謎の環境活動家〝山女〟として、密かに地元のアルミニウム工場に対して、孤独な闘いを繰り広げていたのだ。そんなある日、彼女の元に予期せぬ知らせが届く。長年の願いだった養子を迎える申請がついに受け入れられたのだ。母親になるという夢の実現のため、ハットラはアルミニウム工場との決着をつけるべく、最終決戦の準備に取り掛かる――。

関連記事

12歳で娼婦役、ジョディが語る記憶―『タクシードライバー』公開40周年記念

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com