「未完成映画予告編大賞」グランプリ受賞作『高崎グラフィティ。』の予告編が解禁!

©2018 オフィスクレッシェンド

映像制作会社オフィスクレッシェンドによる映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」の第1回グランプリ受賞作『高崎グラフィティ。』が2018年8月18日(土)より群馬・高崎で先行公開、8月25日(土)より全国順次公開される。この度、本作の予告編映像が解禁された。

「未完成映画予告編大賞」は、堤幸彦を筆頭に、大根仁、平川雄一朗、小原信治ら気鋭のクリエイターを輩出する映像制作会社オフィスクレッシェンドが、次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指して立ち上げた映像コンテスト。第1回のグランプリを受賞した『高崎グラフィティ。』は、群馬県高崎を舞台に、5人の男女の青春を描いた群像作品となっている。

予告編は、5人それぞれが高校卒業後の抱負を語り、夢や期待に胸を躍らせるという、一見どこにでもいそうなリアルな若者たちの姿を切り取ったシーンから始まる。しかし美紀(佐藤玲)の父親が、美紀が進学予定だった専門学校の入学金を持ち逃げしたことが発覚。5人は一緒に美紀の父親を探すことにするが、これを機に5人それぞれの描いていた未来にも暗雲がたち込め始める。予告編ではスカートによる主題歌「遠い春」が流れ、柔らかな声とメロディーと共に、大人になること、自立するということ、友達、恋人、家族と、さまざまなことに翻弄されながらも、前に進んでゆく若者たちのリアルを凝縮した内容に仕上がっている。

©2018 オフィスクレッシェンド

映画『高崎グラフィティ。』は、2018年8月18日(土)シネマテークたかさき、イオンシネマ高崎ににて先行公開、8月25日(土)より アップリンク渋谷、イオンシネマ シアタス調布ほか全国順次ロードショー。

ストーリー概要

群馬県高崎市を舞台に高校の卒業式を終えてからはじまる、5人の男女の数日間を描いた青春群像。幼なじみの、美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は、高校を卒業してそれぞれが未来への夢や不安を抱えていた。そんな中、美紀の父親が進学のための入学金を持ったまま失踪。年上の彼氏との結婚生活を夢見ていた寛子も、彼氏への不信感を募らせる事態が。自動車修理工場を営む父との確執を抱えた優斗は、ふとしたはずみで犯罪に巻き込まれていく。直樹と康太もそれぞれに心に抱えた屈折を持て余していた。クラスメイトなのにそれぞれが抱える夢や悩みも知らなかった5人は、卒業パーティーの一夜をきっかけに衝突しあいながらも友情を育み、自らの人生の新たな一歩を踏み出していく…。

関連記事

『榎田貿易堂』が訴える人生の微笑ましい機微
からっ風がくれたパンチラに想いを馳せて『お前はまだグンマを知らない』間宮祥太朗インタビュー
間宮祥太朗が美顔を封印した話題作!劇場版『お前はまだグンマを知らない』のDVDリリースが決定!
群馬県を舞台にした『群青色の、とおり道』完成披露試写会が渋谷にて開催
佐々部清が群馬を描く最新作『群青色の、とおり道』桐山漣らが出演

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com