クリストファー・ノーラン『インセプション』IMAX®&日本初の4Dで緊急公開決定!

映画監督”クリストファー・ノーランのタイムサスペンス超大作『TENET テネット』が9月18日(金)に日本公開される。本作の公開に先駆け、ノーラン祭りとしてIMAX®上映された『ダークナイト』『ダンケルク』に続き、第3弾として『インセプション』の公開が8月14日(金)に決定した。

今もなお映画史に残る傑作として語り継がれ、全米でも公開10周年記念上映が予定されている話題の『インセプション』。全米に先駆けIMAX®版と日本初となる4D版で上映となる。さらに今回もIMAX®全劇場では、『TENET テネット』の約6分間のプロローグ映像が『インセプション』本編前に上映される。

『インセプション』ストーリー

人が夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む技術にかけては世界最高の腕を誇るドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)。その特異な才能が重宝される一方、国際指名手配されているコブに、失った人生を取り戻す最大のチャンスが訪れる。それはアイデアを相手の心に“植え付ける”という、不可能とされるミッション「インセプション」だった……。

作品情報

『インセプション』8月14日(金)全国のIMAX® / 4Dにて公開
公開予定の上映劇場一覧:https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=INCEPTION
監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙 ジョセフ・ゴードン=レヴィット マリオン・コティヤール
配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:148分 製作:2010年 原題:INCEPTION
『インセプション』コピーライト:© 2010 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『TENET テネット』ストーリー

「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」――主人公に課せられたミッションは、人類がずっと信じ続けてきた現在から未来に進む〈時間のルール〉から脱出すること。時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるのだ。ミッションのキーワードは〈TENET(テネット)〉。突然、国家を揺るがす巨大な任務に巻き込まれた名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)とその相棒(ロバート・パティンソン)は、任務を遂行し、大いなる謎を解き明かす事が出来るのか?

作品情報

『TENET テネット』9月18日(金)全国ロードショー
監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン 製作:エマ・トーマス 製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
出演:ジョン・デイビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、クレマンス・ポエジー、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー
オフィシャルサイト:http://tenet-movie.jp オフィシャルTwitter:https://twitter.com/TENETJP #TENETテネット
配給:ワーナー・ブラザース映画
『TENET テネット』コピーライト:© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

⇒他の記事も読む

関連記事

ノーラン監督『TENET テネット』米国9月3日公開にリスケ、8月下旬海外先行公開
クリストファー・ノーラン『ダンケルク』IMAX等で再公開が決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com