“カメ止め旋風”発祥の地「池袋シネマ・ロサ」で5月は根矢涼香を特集

【特集上映】
「the face」根矢涼香

5月4日(土)〜10日(金)

池袋シネマ・ロサ発の1人の若手俳優を1週間丸ごと特集する企画「the face」では、女優編・第1弾として、インディーズ界のミューズ「根矢涼香」が登場。5月4日(土)〜10日(金)の1週間限定上映を行う。

インディーズの聖地 シネマ・ロサ

入江悠監督や冨永昌敬監督ら、数々の若手映画監督を輩出してきた池袋シネマ・ロサでは昨年から新たな映画フゔンの掘り起こしに力を入れ、ファンからはインディーズ映画の聖地としても知られている。昨年は『カメラを止めるな!』を公開初日から上映し続け、“カメ止め旋風”発祥の地として、話題を呼びました。

「face」シリーズとは?

池袋シネマ・ロサが昨年スタートさせた若手俳優の特集上映「the face」シリーズでは、期待の若手俳優を毎回1人セレクトして、日替わりで出演作を一挙上映。タイトルには「いつか映画の“顔”になってほしい」との願いが込められている。昨年開催した「the face vol.1 品田誠」は1週間で12作品を上映し、大盛況のうちに終了した。

インディーズ界のミューズ「根矢涼香」


「vol.2」では女優・根矢涼香を特集。少女のような無邪気な笑顔も、悪女のような妖艶さも併せ持つ希有な女優で、若手監督の作品を中心に映画出演本数は30本を数える。なぜ、彼女は多くの監督から愛されるのか。1週間で15作品を上映し、その魅力に迫る。

根矢涼香コメント

映画の歴史が生まれる池袋シネマ・ロサで、自分の特集上映を開催していただけるなんて夢にも思いませんでした。がむしゃらに走り続けてきた19歳から今までの5年間の出演作を1週間かけて上映します。現在進行形の“女優奮闘記”を一緒にたどってくれませんか。「the face 根矢涼香」よろしくお願いします!

根矢涼香プロフィール

1994年9月5日生まれ。茨城県出身。立教大学現代心理学部映像身体学科卒。
代表作に『ウルフなシッシー』『少女邂逅』『神と人との間』など。昨年は地元茨城町のプロモーションビデオの主演を務めるなど、活動の幅を広げている。

「the face」根矢涼香上映作品

【5月4日(土)】
『彼女のひまわり』川崎僚監督
『次は何に生まれましょうか』野本梢監督
『三つの朝』根岸里紗監督

【5月5日(日)】
『父、かえれ!』武石昂大監督
『あなたの名前を教えてください』川合空監督
『朱色に染まれば』草地紀乃監督
【5月6日(月・祝)】
『前世、河童』高橋良多監督
『しめくくり』菊池祥太監督
【5月7日(火)】
『夏〜解釈その1〜』島田かをり監督
『河童研究会』中山剛平監督
『したさきのさき』中山剛平監督
【5月8日(水)】
『少女邂逅』枝優花監督

【5月9日(木)】
『ウルフなシッシー』大野大輔監督

【5月10日(金)】
『朦朧に恋』小宮山みゆき監督
『アオとシオリ』吉川諒監督
『三つの朝』根岸里紗監督

料金:一般1500円/リピーター 1200円/役者割1100円(※)/学割1000円
※劇場窓口での自己申告で一般料金から400円引きの1100円でご鑑賞になれます。舞台や映像に出演経験のある俳優はもちろん、俳優を目指す学生さんもOK

上映劇場:東京 池袋シネマ・ロサ
www.cinemarosa.net

■他の記事も読む

関連記事

なぜ芸能人も大絶賛?『カメラを止めるな!』人気を改めて分析してみた
『カメラを止めるな!』を絶対に観るべき8つの理由!ゾンビ映画最高傑作にして大感動ファミリー映画だ!
上田慎一郎監督ほか『カメ止め』クリエイターによる最新作が今夏公開!
映画ファンならずとも要注目のインディーズ映画 『みちていく』
国産インディーズ映画の未来を示唆する意欲的ファンタジー大作『ユートピア』

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com