加藤鷹の名前の由来になった作品!?マカロニ・エンタテインメント『マッドライダー』&『フェラーリの鷹』場面写真公開

マカロニ・エンタテインメント傑作選<爆走カーチェイス編>が12月22日(土)より、新宿武蔵野館にて公開される。

かつて歴史スペクタクルやマカロニ・ウエスタン、マカロニ・コンバットなどを量産し、世界に数多くのエンタテインメント映画を提供してきた伝統を受け継ぎ、徹底的な娯楽の追及と過剰なまでのサービス精神で活気といかがわしさに溢れていた70-90年代イタリア映画界。その猥雑なエネルギーに満ちた伝説的傑作&怪作、カルト的人気作群を日本のスクリーンに蘇らせる企画“マカロニ・エンタテインメント”がスタート。

第1弾は、『マッドマックス2』の便乗映画として製作された数多くの“パチモン・マッドマックス”の中でも特に人気が高い『マッドライダー』。本作は、石油の争奪戦を水に変えたそのストーリーラインが、32年後の『マッドマックス/怒りのデスロード』に酷似し、その誕生を予言していたということでも話題となった。

監督は『荒野の無頼漢』など、マカロニ・ウエスタンの快作を数多く手がけたベテラン、ジュアーノ・カルニメーオ(ジュールス・ハリソン名義)。セルジオ・レオーネ監督の数々の名作が撮影されたスペインの砂漠を舞台に、世紀末のカーチェイスが繰り広げられます。またこの作品は84年の日本初公開時は地方併映作として公開されたため、東京ロードショーは今回が初となる。

第2弾は、フェラーリ250GTE、シトロエンDS-21、フィアット ジュリア、フォード・カプリ、アルファ・ロメオ、ポルシェ…さまざまな人気欧州車がローマの街を舞台にカーチィエスを繰り広げることで、カーマニアの間で伝説となっているヨーロピアン・カーアクションの最高峰『フェラーリの鷹』。 フランスからやってきたシトロエン強盗団とローマ市警の暴れん坊との攻防戦はリュック・ベッソン製作 の『TAXi』シリーズの元ネタともいわれている。

監督は撮影監督出身のアクション派スティルヴィオ・マッシ。カースタントを担当するのは007シリーズや、日本のいすゞジェミニのTVCMでも知られるカーアクションの神様、レミー・ジュリアンと彼のスタント・チーム。40年ぶりに日本のスクリーンに帰ってくる人気作(伝説のAV男優加藤鷹氏もこの映画が好きで芸名に鷹とつけたらしい)公開に向けて、初公開時のビジュアルをベースにしたポスターが完成した。今回の上映は2本立てではないものの、当時の2本立て興行の広告を模した2作共通チラシも配布される。

そして、この度、この2作品に登場する≪主役≫と言っても過言ではない、シボレー・モナーク(『マッドライダー』)、フェラーリ250GTE、シトロエンDS-21、フィアット ジュリア、フォード・カプリ、アルファ・ロメオ(『フェラーリの鷹』)など、カー・マニア垂涎の名車の数々を惜しげもなく登場させ、チェイスさせ、そしてぶっ壊す!、贅沢極まりなく貴重な場面写真が解禁となった。

『マッドライダー』(HDリマスター版)は12月22日(土)より公開、『フェラーリの鷹』(HDリマスター版)は12月29日(土)より公開。

『マッドライダー』
出演:ロバート・イアヌッチ、ルカ・ヴェナンチーニ、フレッド・ハリス、アリシア・モロ
監督:ジュールス・ハリソン<1983イタリア・スペイン合作/カラー/ビスタサイズ/91分>
提供:アスミック・エース+TCエンタテインメント+エデン 配給:エデン
(C)2T Produczione e Distribuzione Films D.r.l.,Roma & Globe Film,Madrif-1983

『フェラーリの鷹』
出演:マウリツィオ・メルリ、アンジェロ・インファンティ、リリー・カラーチ
監督:スティルヴィオ・マッシ<1976年イタリア映画/カラー/ビスタサイズ/101分>
提供:アスミック・エース+TCエンタテインメント+エデン 配給:エデン
(C)Titanus-1976

関連記事

V8から一年!!!!!!!!『マッド・マックス』に熱狂したあの日を振り返る!!!!!!!!
今からレンタルビデオ屋の思い出を書くが「あの頃は良かった」とは死んでも言わない

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com