10/13・14、テレビで放送する映画はコレだ!

Photo via Visual Hunt 

10月にはいって2週目の週末、予定はお決まりですか。
涼しくなって外出しやすくなりましたが、夜はやっぱりゆっくりしたいという人も多いはず。地上波初放送、是枝裕和監督の『三度目の殺人』など、注目の4作品をご紹介します。

10月13日(土)

フジテレビ・関西テレビ 『三度目の殺人』(2017)  21:00〜23:30

今年公開された映画『万引き家族』で第71回カンヌ国際映画祭の最高賞「パルム・ドール」を受賞した是枝裕和監督の作品です。『三度目の殺人』は日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しています。

・是枝監督のオリジナル脚本でつくられた、法廷心理サスペンスです。勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)は、殺人の前科があり、自供もしている三隅(役所広司)と面会を重ねるうちに、本当に殺人を犯したのかと疑うようになり・・・。

・『そして父になる』(2013)で主演を務めた福山雅治さん、『海街diary』(2015)に出演した広瀬すずさんなど、過去に是枝作品に出演したことのある俳優陣に加え、初参加となった役所広司さんがが出演。ほかに、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、市川実日子、橋爪功さんらが出演しています。

・第41回日本アカデミー賞で作品賞のほかに、監督、脚本、助演男優、助演女優、編集の6部門で最優秀賞を受賞しており、2017年の邦画を代表する1作品です。

『海街diary』で大抜擢された広瀬すずさんが、わずか数年の間に知名度、人気、実力をぐんぐんと伸ばし改めて是枝作品に出演しているところも感慨深く、その成長ぶりが伺えます。

テレビ東京 『マックスペイン』(2009)  27:15〜29:00

「トランスフォーマー」シリーズや、『ディパーテッド』(2006)、『ゲティ家の身代金』(2018)に出演していたマーク・ウォールバーグが主演したハードボイルドアクションです。

・妻子を殺され、いまだ犯人が捕まっていないニューヨーク市警の刑事マックス・ペインは単独で捜査を続けている。そんななか、ドラッグ中毒の女性が殺される事件が発生し、妻子との殺人の共通点を発見しますが・・・。

・終盤にかけてのガンアクションの応酬はアメリカ映画ならでは。目が離せない迫力満点の場面が続きます。

・登場する美女にも目が離せません! 『007/慰めの報酬』(2008)でブレイクしたオルガ・キュリレンコをはじめ、アクションムービーならではのセクシーさにも見とれてしまうはず。

ストーリーは決して明るくないものの、その印象を上回るアクションシーンが見どころ。テレビで見てもダイナミックでアクションの凄みを感じられること間違いなし!

10月14日(日)

TOKYO MX 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~ 』(2017)  19:00〜21:00

大和和紀さんによる漫画『はいからさんが通る』を原作にしたラブコメ作品です。これまでにもアニメ化、実写化、宝塚歌劇団によるミュージカル化などがあり、長きにわたって親しまれている作品です。10月19日公開の後編をまえに、地上波で前編が放送されます。

・大正時代が舞台、女学校に通う17歳の花村紅緒が主人公です。明るくはっきりとした性格で、恋も結婚も自分で選びたいと思っています。そんな中出会ったイケメンの伊集院忍少尉は、親に決められた許婚をするといいます。それに反発した紅緒が阻止しようとする中で、二人は少しずつ距離を縮めていき・・・。

・紅緒を早見沙織さん、少尉を宮野真守さんが演じているほか、櫻井孝宏さん、中井和哉さん、梶裕貴さん、瀬戸麻沙美さんなど大人気の声優陣が出演。

・大正デモクラシーや関東大震災など社会的な面や当時の時代感を写している部分もあり、明るいばかりの作品ではないところも大和和紀さん作品ならでは。

これまで多数の映像化を経てきましたが、原作の最後までを描くのは今回の劇場版が始めて。10月19日公開『劇場版 はいからさんが通る 後編 〜花の東京大ロマン〜』を控えているので、前編の地上波放送は、ぜひ未見の方は予習に、すでに鑑賞している方は復習にご覧ください。

テレビ神奈川 『ネバーランド』(2005)  20:00〜21:45

ジョニー・デップ主演、ケイト・ウィンスレットやダスティン・ホフマンらが出演し、実在した作家ジェームズ・M・バリーの物語を映画化しました。

・本作は、「ピーターパン」を生み出したジェームズ・バリーの背景にあったエピソードを中心に映画化されました。家族との交流をへて「ピーターパン」を構想していく様子が描かれています。

・現在、劇場にて上映中の映画『プーと大人になった僕』で監督を務めているマーク・フォースターが、本作の監督を務めています。

・本作に子役として出演したフレディ・ハイモアは、ジョニーデップの推薦で『チャーリーとチョコレート工場』(2005)に出演することになったのだとか!

アカデミー賞作曲賞も受賞(2005)している、劇中の音楽が、観る人をあたたかい気持ちにさせてくれる感動の作品です。

今週も気になる作品は見つかりましたか? 地上波初となる『三度目の殺人』をはじめ、どれも見逃せない作品です。よい週末を!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com