「アンサング・シンデレラ」第8話の見どころとあらすじ|最後まで看る薬剤師の覚悟

石原さとみを主演に迎え、連ドラ史上初となる病院薬剤師を主人公にした医療ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」。

その第8話が9月3日に放送される。今回の見どころは、薬剤師の覚悟。在宅医療で直面した過酷な現場と、迫られる命の判断。最後まで看る覚悟と、患者の未来を信じて希望を持ち続けることが求められる。そして、瀬野(田中圭)に病魔の影が…

アンサング・シンデレラ 第8話 あらすじ

葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取る事に。手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得出来ない。販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から1名を調剤薬局の研修に出す事になったとも伝える。みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。

みどりが研修するのは在宅医療に特化した、笹の葉薬局。みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう『ナカノドラッグ』の店長に指示されていた。笹の葉薬局代表の仁科敦夫(東根作寿英)はさまざまな患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。

一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

【番組公式サイト】
アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 – フジテレビ

⇒他の記事も読む

関連記事

「アンサング・シンデレラ」第7話の見どころとあらすじ|ただ者じゃない患者 | シネマズ PLUS
「アンサング・シンデレラ」第6話の見どころとあらすじ|薬の効かない患者 | シネマズ PLUS

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com