『ワンダーウーマン 1984』場面写真解禁|必殺技を放ち、“ヘスティアの縄”で敵に挑む!

10月9日(金)公開の映画『ワンダーウーマン 1984』より、壮絶なバトルを予感させる場面写真がお披露目された。

幼い頃からの激しい戦闘訓練によるスピード、力、戦術の能力と圧倒的パワーを備えた武器により、史上最強クラスの強さを誇るワンダーウーマン。

解禁された場面写真では、金色に輝くゴールドアーマーを身にまとったワンダーウーマンが、クロスした腕のガントレットから超絶的な衝撃波を一気に放つ必殺技“ガントレット・クラッシュ”を繰り出すシーンや、黄金に輝くメインウェポン“ヘスティアの縄”を自由自在に操り敵に挑む様子を捉えており、壮絶なバトルシーンへの期待がさらに高まる。

ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットは、「壮絶なアクションを完成させるために、私たちは何ヵ月も、大変な時間を準備に費やしました。実際の撮影現場でアクションをする時には、自分がすでにその道のマスターになっていることを感じていました」と撮影時を振り返り、本作での派手なアクションを演じるために多くの修練を重ねたことを明かした。

ストーリー

スミソニアン博物館で働く考古学者・ダイアナのもうひとつの顔――それはヒーロー界最強とも言われる桁外れのスーパーパワーを秘めた戦士<ワンダーウーマン>。1984年、人々の欲望を叶えると声高に謳う実業家マックスの巨大な陰謀と、立ちはだかる正体不明の敵チーターを前に、ワンダーウーマンに絶体絶命の危機が訪れる。ワンダーウーマンはたった一人で世界の崩壊を止められるのか?

作品情報

『ワンダーウーマン 1984』
原題:WONDER WOMAN 1984
監督:パティ・ジェンキンス『ワンダーウーマン』『モンスター』
キャスト:ガル・ガドット『ワンダーウーマン』、クリス・パイン『ワンダーウーマン』『スタート・レック』シリーズ、ペドロ・パスカル「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ、クリスティン・ウィグ『オデッセイ』、ロビン・ライト『フォレスト・ガンプ/一期一会』
配給:ワーナー・ブラザース映画
2020年10月9日(金)公開
©2020Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics
公式サイト:wonderwoman.jp

⇒他の記事も読む

関連記事

公開延期となった映画の一覧(※4月7日17時半現在 100作品へ迫る )
『ワンダーウーマン』の謎、あのコスチュームは何故あの島に置いてあったのか?
『ワンダーウーマン』成功の要素はXX映画にあり!皆が知ってるその映画とは?
『ワンダーウーマン』、アクションだけではない大きな見どころとは?
『レディ・プレイヤー1』、映画ネタ・オマージュ徹底解説!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com