『X-MEN:ダーク・フェニックス』6.21日本公開&新予告|マーベル史上最大の脅威が覚醒!

【予告編】
『X-MEN:ダーク・フェニックス』

6月21日全国ロードショー

マーベル映画の最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』の日本公開日が6月21日(金)に決定し、新予告編【最大の脅威編】が解禁された。

X-MENメンバーである女性ミュータント、ジーン・グレイを主人公に描いた本作では、ジーンの裏の人格でありマーベル史上最強にして最悪のダークヒーロー<ダーク・フェニックス>を描き出す。ついに降臨した破格的パワーを持つダークヒーローとX-MENの戦いが、圧倒的スケールと壮大なアクションで繰り広げられる。

驚異のパワーを持つジーン・グレイ<ダーク・フェニックス>を演じるのは23歳のソフィー・ターナー。社会現象を生み出した大ヒットドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(‘11~)で注目を集める彼女が、自らの二面性と強大なパワーを制御できずに葛藤する複雑なキャラクターをどう演じるのか要注目だ。

解禁された予告編には、マーベル史上最大の脅威といわれる<ダーク・フェニックス>の驚異的な力を垣間見ることのできるシーンが初めて盛り込まれている。

ストーリー

X-MENリーダー、プロフェッサーXの右腕としてメンバーからの信頼も厚い優等生ジーン・グレイは、ある日、宇宙ミッションでの事故でダークサイドが増幅、抑え込まれていたもう一つの人格〈ダーク・フェニックス〉を解き放ってしまう。それは制御不能な最大の悪となり、ジーン自身にもコントロールできず暴走。地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れる。X-MENは世界の滅亡を止めるためには仲間のジーン=<ダーク・フェニックス>を殺すしかなく思い悩むがもとより、最強と化した彼女に立ち向かう術はなかった—。ジーンは世界を、X-MENを破滅させてしまうのかー?

公開情報

『X-MEN:ダーク・フェニックス』
6月21日全国ロードショー
キャスト:ソフィー・ターナー ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ジェニファー・ローレンス ジェシカ・チャステイン
監督:サイモン・キンバーグ  配給:20世紀フォックス映画  
© 2018 Twentieth Century Fox Film
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

他の記事も読む

関連記事

『X-MEN︓ダーク・フェニックス』は2019年6月公開!日本版予告&最新画像がお披露目
「X-MEN」新TVシリーズが始動!猛暑を乗り切るマーベル最新作を紹介!
X-MEN版『マッドマックス』か?残酷さの果てに感動をもたらす『ローガン』
疑問が残る『X-MEN:アポカリプス』、まさかの事態の『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
あの“将軍”が今度は“神”に!?映画『X-MEN:アポカリプス』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com