『イエスタデイ』 主演ヒメーシュ・パテルの歌唱力に注目 | ボイル監督&エド・シーランが絶賛

『イエスタデイ』
2019年10月11日(金) 全国ロードショー

アカデミー賞監督ダニー・ボイルと、アカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作『イエスタデイ』は、「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定で、音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲に彩られながらドラマが展開していく作品。

主演のヒメーシュ・パテル、エリー役のリリー・ジェームズらフレッシュで個性的なキャストに加え、日本でも大人気のエド・シーランが出演することでも注目を集めている。

本作の主人公ジャックを演じるヒメーシュ・パテルは、BBCの人気長寿TVシリーズ「イーストエンダーズ(原題)」に出演しており、本作で映画初主演を務めた。ヒメーシュは「交通事故に遭い、目が覚めると世界から“ザ・ビートルズ”がいなくなり、覚えているのは自分だけ」という役どころを好演。オーディションではザ・ビートルズを歌ってこの大役を勝ち取っており、その歌唱力はダニー・ボイル監督とエド・シーランのお墨付きを得たほど。

ダニー・ボイル監督は主人公ジャックのオーディション時を振り返り、「他にハマリ役の俳優の候補がたくさんいて悩んでいた。でも、ヒメーシュが歌い出した途端、“彼だ”とピンときたんだ。」と明かし、「彼はザ・ビートルズに対して敬意を表しながら完全に自分のものにしていて、独自のスタイルで演奏していた。無名な彼にスポットが当たることは、ザ・ビートルズと重なる部分がある。」と絶賛している。

また、彼と共演しているエド・シーランは「リハーサルでヒメーシュの歌声を初めて聴いた時、すごいと思ったよ。決して機械仕掛けのような、訓練されたような歌声ではなくて、ハートが感じられた。そう簡単には出せない。」と驚きをみせた。

初の映画主演に抜擢されたヒメーシュは、既にクリストファー・ノーラン監督の新作『テネット(原題)』へ出演が決まったと報じられているなど、今後の活躍にも目が離せない。

ストーリー

“イエスタデイ<昨日>”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ・・・ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった!ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが・・・。

公開情報

『YESTERDAY』(原題)
監督:ダニー・ボイル
脚本:リチャード・カーティス ほか
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン
配給宣伝:東宝東和
©Universal Pictures

他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com