次はキューティーハニーも参戦?『サイボーグ009VSデビルマン』完成披露上映会

新しい解釈の「加速装置」を楽しみにしてほしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福山潤さんと浅沼晋太郎さんの芝居について、川越監督は、「(福山さんの)「加速装置」の叫び方が、今までの方とはちょっと違って、新しい感じになっていて、楽しみにしてほしい。僕もこの解釈はいいなあと思ってびっくりしました。浅沼さんは、2つ(不動明/デビルマン)の演じわけが素晴らしい」と絶賛。

これまでに数度アニメ化され、何人もの役者さんが演じてきた往年のキャラクター・島村ジョー/009役を、新たにつとめた福山潤さん。演じるにあたって、まず「『009』も『デビルマン』も、日本の漫画、アニメ文化を牽引してきた作品。多くの方がキャストに名を連ねて、もはやアニメ、漫画史における古典のようなものになっているので、色々な解釈が存在するというのが根本的にあると思った」とのこと。

そして、「いざ自分がキャストになったとき、自分の解釈で自然に取り組んでいいんじゃないかと、先輩たちがやってきたものがあったから、そう思えた」と、自分が感じたままの役作りをしたことを教えてくれました。

一方。こちらも過去に、アニメ、そして、実写映画も作られ、様々なタイプの役者さんが演じた不動明/デビルマンを今回担当した浅沼晋太郎さんは、「監督の作り上げたビジュアルのデビルマンに命を吹き込もうと思った。そして、まだ触れたことのない若い方も見ることになるので、その方たちに受け入れてもらえるものを新しく作ろうという感覚で演じた」と語りました・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は、キューティーハニーが登場?

作品の好きなシーンについては、「冒頭の破壊力がハンパない」(福山さん)「ガンカタと呼ばれる銃のアクションを、僕の好きなキャラクターがやってくれるのが、監督節が感じられるところ」(浅沼さん)とそれぞれ話してくれた主役二人。さらに、「ラストに出てくるキャラクターには、僕もじゅんじゅん(福山さん)も『おお』ってなりましたね」(浅沼さん)とのことで、衝撃のラストが待っているらしきことを示唆。

公開前の舞台挨拶ということで、それ以上のネタばれができない中、浅沼さんが「嘘を言いましょうか。最後、キューティーハニーが出てきてですね…」と話しだすと、会場は爆笑。ただ、これに川越監督も「次、やりたいですね」と乗り気(?)のようでした。ということで、次は『サイボーグ009VSデビルマンVSキューティーハニー』が見られるかも?

短い時間の中に楽しいトークが盛りだくさんの舞台挨拶。最後「VS」作品ということで、福山さんと浅沼さんがファイティングポーズで決めてくれました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新作アニメーション『サイボーグ009VSデビルマン』全3話は、2015年10月17日(土)より、 新宿バルト9ほかで2週間限定イベント上映の予定。ぜひ、このまたとないコラボ、白熱するヒーローたちの戦いをお見逃しなく!
(取材・文/田下愛)

『サイボーグ009vsデビルマン』公式サイト
http://009vsdevilman.com/

(C)2015「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会


    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com