映画『亜人』ネットで高評価!本作成功の要因は綾野剛の自由過ぎる演技?

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

人気コミックの映画化作品公開が続く中、遂に9月30日より話題作『亜人』が公開された。
佐藤建と綾野剛の競演でも話題の本作を、今回は公開二日目の午前の回で鑑賞して来た。どうしても人気コミックの映画化作品には、ある種の不安を感じてしまうのだが、果たして本作の出来はどうだったのか?

予告編

ストーリー

病気の妹を救うために研修医となった永井圭。彼は突然の交通事故により死亡するが、直後に生き返る。不死身の存在「亜人」であることが発覚した圭は政府によって捕獲され、非人道的な実験のモルモットにされてしまう。

そんな圭の前に亜人最凶のテロリストである佐藤が出現、実験施設から圭を救出する。だが、佐藤の思想に共感出来ない圭は、やがて佐藤と敵対することになって行く。不死身の存在「亜人」同士の生存を賭けた戦いが、今始まろうとしていた。

本作成功の要因、
それは綾野剛の一見自由過ぎる演技にあり!

実は今回の映画化に当たっては、主人公の年齢引き上げに伴う多少の設定変更があったものの、原作のストーリーやエピソードには実に忠実に映像化されており、原作で印象に残るシーンやセリフも見事に再現されている。

但し上映時間の関係上、当然各エピソードが微妙に省略されているのは仕方が無いところ。特に本作の上映時間は109分と、通常この手のコミック原作物なら2時間越えが普通の中で、非常に短い部類に入る。もちろんただ単に省略されているのでは無く、特に映画の冒頭、基本的な説明をナレーションで済まし、圭の実験シーンに繋げるスピーディな展開など、観客を早い段階で物語りに引き込もうとする工夫は実に見事!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

更にネット上のレビューや感想でも非常に目立ったのが、そのアクションの凄さへの高い評価だ。

亜人が特殊能力で生み出す、「IBM」という分身的存在の破壊力やスピードに加えて、今回極限まで作りこんだ主演二人の肉体から繰り出される、生身の激しいアクションや「ガンカタ」並みの銃撃戦などなど、確かにこれだけの見せ場が連続する内容なら、今回の観客による高評価や満足度の高さも納得がいくというものだ。

だが高評価と同時に、少数ながらかなりの否定意見が見られるのも事実。
実は原作では、主人公が子供の頃から他人に共感出来ない人間=サイコパスであることが妹の口から語られるのだが、主人公の年齢変更により映画では残念ながらその部分は削られてしまっている。

一応、公式サイトのストーリー紹介には、圭が「妹の病気を救うために研修医となった」とされているのだが、正直それでは原作とは逆の性格設定であり、映画では圭と妹との距離感が原作を踏襲しているため、圭が単に無口で人嫌いの性格の様に見えてしまい、妹との関係性が不明確な物になってしまっている。

更には、亜人として覚醒する以前の、研修医時代の圭の日常が全く描かれていないため、最終的に彼が人間として成長したのか?亜人になってから性格が変わったのかどうか?この点が観客には判り難くなってしまっているのも、否定的意見に繋がっているのではないだろうか。

ただ、さすがに佐藤建はその辺を踏まえ、ちゃんと原作のキャラクターに寄せて演技しているのだが、残念ながら脚本の不備と演出の問題により、観客によっては「何考えてるのか良く分からない主人公」と映ってしまうのが非常に残念だ。

加えて今回主人公だけで無く、政府側の人間の背景や過去が殆ど描かれていないのも、致命的だと言える。
最近流行の、前編と後編を連続して公開する手法ならいざ知らず、今後続編を製作するのであれば、上映時間を2時間に延ばしてでも、1作目でこの辺をキッチリ描いておくべきだろう。

だが、この欠点を見事にカバーして本作を成功に導いているのが、綾野剛演じる佐藤の存在だ!主人公の圭とは違い、原作通りに背景や設定が描かれていることで、映画が進むに連れてこの佐藤が魅力を増し、観客の関心を一身に引き寄せてしまうのだ。

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

原作に比べて若いのでは?との声も多く聞かれるが、そこを補って余りあるのが綾野剛の自由過ぎる演技!シーンによっては完全にギャグとしか思えない演技やセリフを交えつつ、いざ映画が終わってみれば、もはや綾野剛の存在しか観客の頭には残っていない、という結果に!

確かに人によっては「ちょっとやり過ぎでは?」と思われるかも知れないが、コミックのセリフを読むだけでは分からない佐藤の喋り方ってこうなんだろうな、そう観客に納得させる物が彼の演技には存在する。「ジョジョ」と違い、観客に違和感と拒否反応を起こさせない絶妙のバランス感覚。今回同じコミックの映像化として明暗を分けた要因は、実はこの部分にこそあるのかも知れない。

とにかく、一部ネットでは「綾野剛無双!」とも呼ばれている彼の怪演振りは一見の価値ありなので、是非劇場でご確認を!

最後に

前述した様に、主人公を含めた政府側の登場人物の背景や説明がバッサリ削ぎ落とされてしまっている本作。

原作未読でも、素晴らしいアクションや綾野剛の演技など、楽しめるポイントは充分過ぎるほどあるのだが、登場人物の性格や行動理由を理解し補完するためには、やはり原作コミックを読んでおかれた方が良いかも知れない。

幸い映画公開に合わせて、電子書籍では原作コミックを3巻まで無料で購読出来るようにしている所が多いようだ。
綾野剛が何故あの様に演じているのか?その答えを見つけるための大きな手がかりとなるかも知れないので、原作未読の方は是非この機会に読まれてみては?

このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:滝口アキラ)

関連記事

『亜人』は綾野剛が全力で笑わせにかかる快作!ぶっ続きアクションと、原作からの見事な“省略”を見逃すな!
『亜人』綾野剛が見せる超絶ガンアクションは大画面で見なくてはならない
映画『亜人』は原作ファンも納得するアクション満載の実写化作品!
佐藤健&綾野剛、凄烈なバトル!映画『亜人』予告解禁
映画『亜人』特報解禁!佐藤健vs綾野剛、やまない闘い


    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事