牙を取り戻した仮面ライダーがスクリーンへ!「アマゾンズ」を藤田富×谷口賢志が語る

2016年にAmazonプライム・ビデオオリジナル作品として配信がスタートした『仮面ライダーアマゾンズ』。2017年配信のシーズン2をへて、5月19日(土)公開の映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』として、スクリーンで物語のラストを飾ります。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

野座間製薬に置かれた研究所から逃げ出した、4000体の人工生命体・アマゾン。人間に擬態して社会に溶け込んでいたものの、投薬が切れるリミットの2年が経過したとき、その食人本能から彼らは人間を襲うように…。今作ではさらに、人間がアマゾンの利用価値を新たに見出したことで、これまでシリーズが描いてきた「生きる」というテーマに深く切り込みます。

また、相反する思想で対立する2人の仮面ライダー──自らの出自に苦悩しながらもアマゾンと人間の共存を目指す仮面ライダーアマゾンオメガ/水澤悠と、すべてのアマゾンを狩ることで戦いを終わらせようとする元研究者・仮面ライダーアマゾンアルファ/鷹山仁──の戦いも今作で決着がつくことに。

そこでシネマズby松竹では、水澤悠役の藤田富さん、鷹山仁役の谷口賢志さんに今作のテーマやお互いへの思いなどを伺いました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──映画化を最初に聞いたとき、どういうお気持ちでしたか?

藤田富(以下、藤田):「アマゾンズ」でお世話になっていたメイクさんと、あるバラエティ番組でお会いして。その方から「今度映画やるらしいよ」って聞きました(笑)。「アマゾンズ」の仮スケジュールは入っていたので、てっきりシーズン3だと思ってたんです。びっくりして、事務所の社長に連絡したんですけど「何も聞いてないよ!」って言われて…。だから、初めて聞いたときは本当に映画になるのかな?と半信半疑でした。

谷口賢志(以下、谷口):僕が演じている鷹山という役はいつ死んでもおかしくない役なので、台本をもらうたびに「あぁ生きててよかったな」と。シーズン2が終わるまでそういう気持ちで過ごしていたんです。ただ、シーズン2があまりにも壮絶なラストだったので、続きがあったとして、俺が出るのかどうかということもあって。

藤田:でも、シーズン1のTV放送版のOPを撮影したときに、谷口さんと石田秀範監督と僕で、「アマゾンズ」が映画化までできたらいいね、と話してたんですよね。だから、メイクさんの話が本当なら、念願の映画だな、と思いました。

谷口:そう。石田監督が「この作品は絶対映画が一番映えるんだよ」って言ってたよね。いつの間にか映画化がみんなの夢みたいになってたんで、それが実現したことがうれしい気持ちと、3年越しに富と決着がつけられることがうれしかったですね。シーズン2で嫁(泉七羽/演・東亜優)も息子(仮面ライダーアマゾンネオ・千翼/演・前嶋曜)も殺してきたので、誰とも一緒に出られなくて、ひとりぼっちですけれども。

──では、脚本を読んだときの感想を教えてください。

藤田:シーズン1、2でも食物連鎖の上下関係のような表現は多少ありましたけど、今回の映画はいつ何がピラミッドの上にいくかわからないというのを、脅威として表現しているんじゃないかなと…。

人間のために製造された特殊なアマゾンに対して、悠は狩るか守るかを決めなきゃいけない状況になるし、そのなかで今まで避けてきたことにも直面しますし、純粋に、怖い脚本だなって思いました。あと、最後の場面では、こういう形で決着がつくんだなって。しっかり決着をつけることはできているので、よかったなと思いました。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

谷口:もう3年くらい悠と仁という役をやってきているので、正直にいうとどんな台本でも個人的には納得ができないと思います。

それは俺たちが仁と悠として生きちゃってる部分があるので、鷹山仁として生きてる俺も、悠として生きてる富も、そりゃ勝ってる台本が届いた方がうれしい。もちろん駆除班全員にもそれがあるから、みんなの意見をまとめたらとても台本にはならないわけで。

今作はシリーズ1、2の脚本を執筆した小林靖子さんではなく、高橋悠也さんが脚本を担当されていますが、シリーズを引き継いで、いろんなことを回収して、それがすごくよくまとまっていて完結編としてすばらしい脚本だと思いました。それと同時に、変に1、2の思いを汲んで映画に繋げるのではなく、ここで改めて、悠に向き合って戦おう、という思いでしたね。

藤田 その通りです。いろんな伏線があって、ここをもっとこう表現したい、っていうのはあったんですよ。正直。

谷口 あったよな〜。仁としては、息子のことを感じさせるシーンが欲しいとか。

藤田 でもこうしたい、というのを石田監督に言って、「これはこうで、こうなんだよ」って返されたら、もう「はい、そうです!」と。

谷口 台本見ながらSNSで連絡とって、俳優としてのわがままを言い合ったりはしたけど、結果論としては本気で戦いました。本気で蹴っ飛ばしましたし、本気で噛み付きましたし。

藤田 あれは、びっくりした(笑)。

谷口 富にも本気で蹴られましたし(笑)。そのくらい魂を入れてやれたので、楽しかったですね。

──新しいライダーの仮面ライダーアマゾンネオアルファ/御堂英之助を演じた姜暢雄さんについてのお話も伺いたいです。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

藤田:姜さんって、僕はドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』のオスカー・M・姫島のイメージしかなかったので、ギャップがすごかったです(笑)。隣で芝居をしている時も、僕のことを考えて演技をしていただきましたし、相談もさせてもらいました。同じ目線に立ってくださるかただなぁって思います。

──例えばどういうお話を?

藤田:例えば、怒ったときにガッと胸ぐらを掴みたいんですけど、ということを伝えたら「その表現をしなくても、ひとつ近寄って、グッと噛みしめるだけでも表現できるよ。そんな安っぽく掴んだりしたらダメだよ」って。そういうことをストレートに教えてくださいました。確かにそうだなって思ったし、いろんな発見をさせてくださる方です。

谷口:姜暢雄は本当に古い知り合いで、彼は僕の3年後にスーパー戦隊に出ていて、それからずっと飲み仲間なんです。それこそ、映画を撮る2週間前くらいにも飲んでて、「『アマゾンズ』、めっちゃいいよ! アマゾンズの世界観で生きてみたいなぁ」なんて言ってたら、その次の週くらいに「出ることになった」って連絡がきて(笑)。

──姜さんから、シーズン1、2の感想は聞いてたりするんですか?

谷口:とにかく「面白い」「すばらしい」と言ってましたね。その飲み会がスーパー戦隊の集まりみたいな会で、たまたま小林靖子さんもいたんですけど、「いや、ノブは無理でしょ〜」みたいな感じだったので、靖子さんの圧力ではないです(笑)。

藤田:(笑)。

谷口:そう、俺、シーズン1が終わったときにも、「続編をやるなら、新しい仮面ライダーと新しいヒロインが出てくるみたいな話は絶対に嫌です。俺と富の話をやらせてください」と言ったにもかかわらず、シーズン2は新しい主人公たちが登場するし、今回もまた新しいライダーが出てきて。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

藤田:しかも、アルファの…

谷口 そう、ネオアルファという新しい仮面ライダーが出てきて。俺はベルトも盗まれて、本当は俺のだろっていう赤いバイクも悠に乗られ、視力も、嫁も、息子も失い…全部失ってるんだよ。変身ポーズもベルトもひとつも変わらないんだよ。

藤田:はい…(苦笑)。

谷口:なぜ!? 俺だけ、戦うの大変じゃない!? 俺は失うしかないのに、新しいやつが出てきて、それが暢雄でさらにムカついてますよ!

…まぁ、けど、暢雄は俳優として尊敬も信頼もしてるし、素晴らしい演技とキャラクターを持ってきてくれましたし、久々に2人で一緒に芝居をしたので楽しかったし…。友達とはいえ、ライバルではあるので、暢雄がこうするなら俺はこうしよう、って意識しつつ。

僕も40歳ですけど、まぁ、暢雄も若くないんで、この歳で本気で仮面ライダーの世界でこんなにバチバチできるなんて、本当に楽しいなって思ったので、そんなところも観ていただけるとうれしいですね。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──具体的なシーンについても伺いたいのですが、谷口さんは最初のシーンを、藤田さんは最後のシーンについて、演じてみていかがでしたか?

谷口:君は最後のシーンだから、今のうちに考えておきなさい。

藤田:はい(笑)!

谷口:僕はまず、衣装合わせで服を着ないという経験が初めてで。「谷口はとりあえず脱いでくれ」って言われて脱いだら、「はい、オッケー」と。

まぁ石田監督なら、裸になれっていうんだろうなって思っていたら、最初から極寒の中で震えながら裸での撮影! とにかく撮影が本っっっ当に苦しかったのを覚えてます。寒くて、地獄でした。

体に油を塗られ、汗でテカってないといけないから、ずっと霧吹きで水をかけられたり、常に腕を吊られてたので、スタッフ5人くらいに囲まれてホッカイロで暖をとったり。弱ってたよ! 本当に。芝居しなくてよかったもん。

──あれは、リアルだったんですね。

谷口:そうなんですよ! この際だから文句いうけど、裸になるための準備もあるじゃないですか。男たるもの、鍛えたいとか、衰弱してるなら痩せたいとか。台本もらったのが撮影の1週間くらい前だったんだよね。

藤田:そうですね。

谷口:1週間でどうしろと、って。ムカついたから3、4日断食したんですけど、結局そのせいでもっと寒くなっちゃって。毎日文句言ってましたよ。「さみーよ!!」って(笑)。それが思い出です。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

藤田:結末に関わる部分なので、詳しくは語れないんですけど、もう何も失うものがないという、悠の強さを感じるようなシーンにしたくて。見てくださった方に、僕がその表情に込めた気持ちが伝わったらうれしいですね。

谷口:石田監督から演出を受けたのは最後のシーンだけで、そこはちょっとあんまり話したくないというか、これがお客さんに届いたら最高だよなと。

そうじゃなくても、届かなくてもいいけど、俺たちはこう思って3年やってきたよな、っていう部分。今、富が言ったことの先に僕らが思うことがあって、人それぞれ感じ方が違ってもいいから、届いてくれたらいいなと思うし、石田監督も多分そうなんじゃないかな。

──3年にわたって演じてきた思い入れの強い役だと思うのですが、藤田さんから谷口さんに、谷口さんから藤田さんにメッセージをお願いします。

藤田:僕は、台本を覚えて、自分のなかで散々悩んで、スタートがかかったらこうと決めたものを演じるのが芝居だと思っていたんですが、谷口さんと出会ってからは、お互いが芝居で影響を及ぼし合って、いいものにしていく…共同作業というか、役と役がぶつかり合うことで生まれる芝居を教えてもらったように思います。

ある意味、悩まなくなったというか、自分の中で正解がどうかでなはなく、実際に本番でカメラが回ってからわかることもあって。それが芝居の楽しみになりましたし、そういう衝撃を受けるような芝居、役者としてやっていく楽しさを教えてもらったというか。本当に、感謝してます。

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

谷口:どういたしまして。ふふっ(笑)。いい者と悪い者の主人公がいたとき、男の子の場合は悪い方、ダークヒーローの人気が出やすいと思うんです。今回でいうと、仁の方が破天荒だし、インパクトのある登場もしますし。でも、正義の側の主人公がしっかりと立っていてくれるからこそ、影が色濃くなってダークヒーローがカッコよく見えるんだと思うんですね。

一番最初の頃は、仮面ライダーだからどうこうというのを考えずに、フルスロットルでぶっ飛ばしてやってくれ、藤田にどんどん影響を与えてくれ、と石田監督から言われていて。だから、やりたいことを全部やって、とにかく悠に影響を与えることだけ考えてたんです。

シーズン1最終回の対峙するシーンで、俺は初めて「アーマーゾーン!」って本家を意識した変身をするんですけど、それを見た富が本っ当にムカついた顔をして「悔しい」と。「鷹山仁にシーズン1を全部持っていかれて悔しいです」って、本当に怒った顔で言っていたのが忘れられなくて。

ライバルとしてお互いに勝ちたいと思ってやってきて、先輩の目の前でこんなにも悔しいっていう気持ちを出せることが、俺は素敵だと思った。

藤田:(笑)。

谷口:シーズン2で最初に悠が出てきたとき、顔が全然変わってた。俳優の顔というか、悠の顔にシーズン1の悔しさが全て出ていた。それを見て、この光がいてくれるなら、俺はもっと影にいけると、本当に思ったよ。

スケッチブックトーク

Q1:3年間の戦いに決着がついたあとの、今のお二人の関係をひと言でいうと?

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

藤田:「師匠」
谷口:「太陽」

藤田:僕に芝居というものを教えてくれた谷口さんに、本当に大感謝していて、師匠だと思ってます!

谷口:藤田富という太陽がいたから、僕という月が光ることができたと思っています。月並みですが…。月だけに(笑)。

Q2:アマゾンズはキャスト、スタッフ、ファンの方に愛されて、映画化までたどり着いた作品ですが、こんなにも人を惹きつける魅力はどこにあると思いますか?

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

藤田:「リアル」
谷口:「牙」

藤田:カッコつけてるわけでもなく、『仮面ライダーアマゾンズ』は現実の世界に起こりうるかもしれない物事を描いている仮面ライダーだと思うので、リアリティを感じられるところが魅力だと思っています。

谷口:作品を生み出すうえで色々なことをいわれる時代の中で、本当に面白いと思うものは枠をぶっ壊してでも届けようっていう、その気概が俳優、スタッフ、全員に響き渡ったんだと思います。「アマゾンズ」は、どこか窮屈にものを作ってたり、表現したりしていた人たちが本気で取り組める場になって一致団結できたと思うし、そのパワーがすべて作品に出てるんじゃないかな、と。

まさに、白倉伸一郎プロデューサーが制作発表で言った「牙を取り戻したい」ということが、魅力のひとつなんじゃないかなと思っております。

藤田:同感です!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』は5月19日公開。

また、『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン1、シーズン2それぞれを劇場公開用に編集・再構成した『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒』(5月5日公開)、『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season2 輪廻』(5月12日公開)もお見逃しなく。

(写真:生熊友博、スタイリスト:椎名倉平<藤田富>、文:大谷和美)

<衣装>シャツ、パンツ:Milok、Tシャツ:O.K.、バングル:buff、シューズ:ISHMM

『仮面ライダーアマゾンズ』に関する記事を読む

関連記事

「エグゼイド」ファンも必見の「仮面ライダーアマゾンズ」最新作を一足先に堪能!
『仮面ライダーアマゾンズ』4D特別予告が解禁!「エグかったね」「やりすぎ」とオメガ&アルファも興奮
総勢10人と2体が登壇!『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ』完成披露舞台挨拶詳細レポ
主要キャストが明らかに!『仮面ライダーアマゾンズ 完結編(仮)』WEB特報&コメント到着
海外ドラマ好きは100%ハマる!?「仮面ライダーアマゾンズ」は一気見もオススメ!


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com