フレッシュなキャストが続々登場!『青鬼ver.2』初日舞台挨拶-青鬼祭-リポート

髱帝ャシ菴ソ逕ィ莠亥ョ喀DSC05659_1000

7月4日に公開された『青鬼ver.2』は、ニコニコ動画で火のついたフリーホラーゲームを実写映画化した第2弾。今回は主演の中川大志さんほか主要キャストを招いてシネマート新宿で開催された、公開初日舞台挨拶の模様をお届けします。

簡単にストーリーをご紹介すると、不登校のクラスメイト・シュンの様子を見に、彼の家へ向かったひろしと杏奈は怪物が出ると噂される屋敷(ジェイルハウス)に引きずり込まれてしまいます。肝試し動画の撮影のため、そこを訪れていたたけし達と共に屋敷に閉じこめられ、一同は行き場を無くすのですが、そんな彼らの前にブルーベリー色の巨人が現れます。ひろしはその事態が、シュンの作ったゲームの世界とリンクしていることに気付き、屋敷からの脱出を試みるというホラー作品です。

作品にちなんだ青色の浴衣で、中川大志さん、平祐奈さん、松島庄汰さん、久松郁実さん、勧修寺玲旺さん、タモト清嵐さん、そして前川英章監督が登場。

髱帝ャシ菴ソ逕ィ莠亥ョ喀DSC05625_1000

ひろし役・中川大志さん

「主演ということでプレッシャーはあったんですが、台本を読んで、この世界の中に入れるんだ!というワクワクがあってすごく楽しみでした。VFXを使用した撮影など初めての経験もあって、いい経験をたくさんさせて頂きました。ホラーが苦手な人も楽しめる作品です」とアピールした。
また、普段あまりホラー作品は見ないという中川さんは、ロケ地となった廃墟がとても怖かったそうで、松島さんにトイレについてきてもらう程だったというエピソードも。

髱帝ャシ菴ソ逕ィ莠亥ョ喀DSC05652_787
杏奈役・平祐奈さん
「青鬼の恐怖が今日降ってきます!」とダジャレを交えた挨拶で会場を湧かせた平さん。
ホラー映画は好きか尋ねられると、「ホラーはダメみたいです」とのこと。姉の平愛梨さんとお母さんの間にはさんでもらって、完成映像を観たんだそう。また、愛梨さんとは、台本を読み合ったり、驚いたときのリアクションなどを一緒に勉強したという姉妹仲を感じさせる話題も飛び出します。

髱帝ャシ菴ソ逕ィ莠亥ョ喀DSC05594_1000

卓郎役・松島庄汰さん
今作最年長の松島さんは「年上と言ってもココ(中川さんを指して)一個違いなので」ととぼけると、「違う、違う」と中川さんから訂正が(笑)。同い年の役を演じているということで、中川さんいわく、実年齢の8歳差が作品の中で出ているかどうかも見どころとのことです。
また、「大志は撮影してない時も考え事をして集中していたり、しっかりしていて頼もしいので、自分が最年長として引っ張っていこうという意識はしなかった」と話すと、監督も「自分の出番が無い日も現場に来て、モニターをのぞいていた」と初主演の現場で頑張っていた様子を明かしていました。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com