『あさひなぐ』初日舞台挨拶!感動のサプライズに美女たち涙腺崩壊?!

薙刀に打ち込む女子高生の青春を描いた、こざき亜衣の人気コミック『あさひなぐ』を原作として人気アイドルグループ・乃木坂46が主要キャストを務める実写映画版『あさひなぐ』が9月22日(金)公開初日を迎え、東京・TOHOシネマズ 新宿にて初日舞台挨拶が行われました。


上映後のステージには主演の西野七瀬さんをはじめ、白石麻衣さん、桜井玲香さん、松村沙友理さん、伊藤万理華さん、生田絵梨花さんの乃木坂46メンバーに加え、大倉文乃を演じた女優・富田望生さん、本作の英勉監督が登壇。
今回の舞台挨拶ではなぎなた部員を演じたキャストの皆さんは劇中での衣装でもある、なぎなたの道着・防具を身につけ、英監督はマネージャー?をイメージしたジャージ姿で登場。作品の世界を再現した舞台挨拶となりました。

何十回も何百回も観て欲しい

冒頭の挨拶では、主人公・東島旭を演じた西野さんが「監督の格好が面白い」と英監督のジャージ姿を揶揄しつつ、「久しぶりに防具を全部着けて、試合のシーンの撮影を思い出すねとみんなで話してました」と、久しぶりの道着姿に感慨深げでした。

剣道経験者・八十村将子を演じた桜井さんは「今日、無事に初日を迎えて嬉しく思っているが、こんな大きな映画館にこんなに沢山の方が入ってくださって自分たちの映画を観てくさるんだと思うと、今になって緊張というか、こんな(凄い)作品に出させて貰ったんだと実感しています」と緊張気味のコメント。

毒舌なお嬢様・紺野さくらを演じた松村さんは「撮影の時からずっと楽しくて、心の底から好きな作品になった。今日、初日を迎えて沢山の人に観てもらって、沢山の人に、沢山、沢山、めっちゃ沢山って言ってる?」と天然キャラを発揮。「沢山の人に観てもらって、沢山の人に愛されたらイイなと思ってます。可愛い子が沢山出てるんですが、一番可愛いさくらちゃんに注目してもらえたらイイなと思います!」と自身の演じたキャラを猛アピール。

主人公・旭が憧れる先輩・宮路真春を演じた白石さんは「(映画を観た方々も)1回だけじゃなく、是非、何十回も何百回も観てくれた嬉しいです!」と、桁外れのリピートを無茶振りして会場を沸かせます。

3年生の引退後になぎなた部部長となる野上えりを演じた伊藤さんは「撮影期間からみんなで和気藹々やっていたけど、PR期間も長くて、色々なプロモーションをしている時間により仲良くなれたので(本格的なPR期間が)今日終わっちゃうのが寂しいです」と本音がポロリ。

今回登壇したキャストの中で唯一乃木坂46メンバーでない富田さんが、上映後の舞台挨拶ということで客席に向かって「面白かったですか?!」と呼びかけると会場からは大きな拍手が湧き。それを受けて富田さんは「今、拍手をして頂いた皆さんには是非何十回、何百回と観ていただきたいと思います」と白石さんのコメントに被せて会場の笑いを誘います。

主人公たちのライバル校のエース・一堂寧々を演じた生田さんは、「今、ここに集まってくださっている皆さんを見るだけでも、女性の方も男性の方も色んな年代の方がいらっしゃるので、皆さんがそれぞれのお友達に(映画『あさひなぐ』)良かったよと言ってくださると幅広い方々がこの映画を観てくださるのは間違いないと思います」と作品への自信を見せつつ、口コミ拡散をお願い?

今作のメガホンをとった英監督は「補欠なんで、ジャージ着せられた」と愚痴って会場の笑いを誘いながら、「コンパクトに喋るので許してください」と、多くの乃木坂ファンに気を遣っている様子でした。

小林先生のアドリブは想像を遥かに上回る自由度


最初に出演の話をもらった際の気持ちを聞かれた西野さんは「最初は “なぎなた”そのものも知らなかったし、それが部活でもあるって事も知らなかったので、どのぐらい大変なのかも想像できずにふわっとしてました。原作を読んでも専門用語が多かったので難しいなあ、きっと(なぎなたシーンは)他の人がやってくれるんやろなと思いながら読んでました」と、なぎなたシーンを演じるとは思っていなかった事を明かしてくれました。

その後なぎなたの稽古に入り、「稽古を始めてからは段々と自分でやれたらイイなと思うようになったので、意を決して監督さんに『自分でやりたいです』と直談判しに行ったのに『そのつもりです』ってすぐ返された」と、肩透かしを食ってがっかりしたエピソードを披露。これには監督も「失敗したな。もっとちゃんと受け止めて欲しかった?『じゃあ、やってみな』とか『それだけのものを見せてみな』とか」と反省。

本作は、なぎなたシーンの迫力などに注目が集まっているが、ユーモラスなシーンも沢山あることに触れて白石さんが「小林先生は最強ですね。小林先生は基本アドリブで返してくるんですよ」と小林先生を演じた俳優・中村倫也さんのアドリブについて話し始めると、
「ラーメン屋さんのシーンで、私がガンをつけに行くんですけど、いきなりポケットから(台本に無い)リップ出して塗ってるんですよ。笑っちゃいけないと思って頑張ってるんですけど、一瞬笑っちゃってます。でも、よく見ると、さくらちゃんが笑っちゃってます」と暴露。

これに対して紺野さくら役の松村さんは「監督ぅ〜」とそのシーンをそのまま本編に使った監督を攻めるも、「でも、笑ったら笑いっ放しでもさくらちゃんのキャラクターなら良いのに、そのあと若干取り繕おうとしてたよね。くくって笑った後に『いかん』って(真顔に)戻すっていうね」と、英監督から更なる暴露を受けてしまい撃沈(笑)。
しかし、負けじと会場のお客さんたちに向かって「この中に(そのシーンに)気付いた人います?あ、じゃあ、気付いてない人は後何十回も観なきゃダメですね」と切り返して会場を沸かせます。

また、同じく小林先生役・中村さんとのエピソードを聞かれた西野さんは「試合前に先生と待ち合わせするシーンが最初の共演シーンだったんですけど、事前に監督から『凄いアドリブを効かせてくるからね』と聞いていたので、それなりに覚悟をしていたのに想像を遥かに上回る自由度のアドリブでびっくりしました。面白いんですけど、こんなに自由にしていいんやってびっくりでした」と中村さんの自由奔放ぶりを披露。

「全く台本に無いことをどんどん進めて行くので、わからないまま、不安なまま、ついて行くしかなかったです」と、振り返ります

新ユニットは『文乃木坂46』?!

パンフレットや公式ツイッターで使われている撮影の合間などのオフショット『文乃カメラ』をやっているからこそ知っているエピソードを教えて欲しいと言われた富田さんは「ちょうど(乃木坂46のヒット曲)『インフルエンサー』の発売の日が撮影日で、『あのダンス凄くカッコイイですよね』とか話してたんです。そうしたら、教えてくださったんですよ」と自慢のエピソードを披露。

司会から「今、ちょっとやってみるのはどうですか」と促された富田さん、会場のお客さんの盛り上がりに後押しされて急遽『インフルエンサー』の振り付けを踊ることに。ステージ上の乃木坂メンバーと会場のファンたちの合唱に合わせて見事なダンスを披露。

見事に踊りきった富田さんに乃木坂メンバーからは「完璧!」「今日まで覚えてるとは思わなかった!すごい!」と絶賛され、会場からも大きな拍手を受けて恐縮しきり。女優ではなく普通の女の子の顔を見せてくれました。

落ち着きを取り戻した富田さんは「(自分の役の)文乃の『乃』が乃木坂の『乃』で、(劇中の自分たちの高校)二ツ坂も『坂』ということで、(自分たちは)『文乃木坂』だってみなさんが言ってくださってたんです。折角『二ツ坂』ではなく『文乃木坂』になったので、いくちゃん(生田さん)も勧誘しようかと思います」と、ライバル校のエース役で撮影中に関わる機会の少なかった生田さんを『文乃木坂』メンバーに迎えることを宣言。

これを受けて生田さんも「嬉しい!私、(劇中では)國陵高校だったんで、みんなが『文乃木坂ぁ〜!』ってやってる時にも一人で」と当時のスネた様子を再現してみせると「今日から私も『文乃木坂』に!?イイですか?」と嬉しそう。

フォトセッション後は感涙のサプライズ

最後にマスコミフォトセッションを終え、通常なら主演・西野さんの締めの挨拶というところで、本作のなぎなた指導を務めた全日本なぎなた連盟の吉井和代さんからの手紙が届いていることがサプライズで紹介され、司会者により代読されました。そして、キャストの一人一人に宛てたなぎなた指導や撮影時のエピソードが読み上げられると、メンバーの目には光るものが。

手紙の代読を聴き終えた感想を聞かれた西野さんが「石井先生は映画が完成した時に一緒に観させていただいて、観終わった後に涙してくださってたのが印象的でした。教えていただいて、なぎなたを知ることが出来て凄く嬉しいです」と感謝の気持ちをコメントすると、司会の呼び込みで手紙の送り主・全日本なぎなた連盟の吉井和代さんと一緒に指導に携わった連盟所属の大学生の方々が登壇。更なるサプライズにキャストの皆さんも驚きを隠せない様子でした。

先ずは主演の西野さんに石井先生からお祝いの花束が手渡され、続いてキャスト全員に指導の大学生から花束が贈られました。

このサプライズにはキャストの皆さんも、なぎなた稽古の苦労や先生方との思い出などが蘇ったのか完全に涙腺崩壊。

『あさひなぐ』は私たち自身の青春もつまった映画

最後に、主演の西野さんが「なぎなたを指導してくださった先生がたと、監督をはじめ優秀なスタッフの皆さんと、キャストのみんなで大事に楽しく作った作品を、これから一人でも多くの人に観てもらえたら嬉しいです。青春が沢山詰まっています。旭たちの青春もあるし、私たち自身の青春もつまったような作品なので、是非周りのみなさんにも広めていただいて、何回も観ていただけたら嬉しいです」と、舞台挨拶を締めくくった。

映画『あさひなぐ』は単なる漫画原作の実写映画化ではなく、乃木坂メンバーをはじめとしたキャストの皆さんの青春を投影した作品であるということがひしひしと伝わってくる舞台挨拶でした。原作さながらに、なぎなた未経験の西野さんたちキャストの方々が稽古を重ね、自分たちでなぎなたシーンも演じるまでに成長したその努力と、出演者みなさんの青春の汗と涙と笑顔が詰まった本作を観て勇気づけられる人も多いのではないでしょうか。

映画『あさひなぐ』は絶賛公開中です!

ギャラリー

記事内未使用の写真ギャラリー

■「乃木坂週刊映画」も読んでみる

■『あさひなぐ』関連のシネマズ記事をもっと読みたい方は、こちら

(写真・取材・文:いぢま)

関連記事

シネマズ連載「乃木坂46 能條愛未の乃木坂週刊映画」
『あさひなぐ』感想、これ以上は望まない“青春の灯火”
『あさひなぐ』はアイドル映画という括りは絶対にはずせ!
『あさひなぐ』舞台挨拶レポ:西野七瀬&白石麻衣 編
美女揃い!『あさひなぐ』舞台挨拶レポ!撮影エピソードが多数登場!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事