あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-02

『フラ・フラダンス』の3つの魅力!「青春スポ根」と「仕事」へ誠実に向き合う物語になった理由がある


(C)BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

2021年12月3日よりアニメ映画『フラ・フラダンス』が公開される。結論から言えば、本作はフラダンスに向き合う「社会人1年生」の女性たちの「青春スポ根もの」として、真っ当に作られた良作だ。豪華なスタッフによる丁寧な作劇やダンスシーンの楽しさ、実力派のキャストが声をあてた多彩なキャラクターの可愛らしさなど、子どもから大人まで万人が楽しめる要素が揃っていた。さらなる魅力を記していこう。



1:個性が豊か(すぎる?)なキャラクターの魅力

あらすじはこうだ。高校卒業後の進路に悩む夏凪日羽(なつなぎひわ)は、かつて姉が勤めていた「スパリゾートハワイアンズ(実在するリゾート施設)」のポスターを見て衝動的に、新人ダンサー=フラガールの採用試験に応募する。未経験ながらも採用された日羽は、仲間と共にフラガールへの道を歩み始める。だが、新人5人の足並みはなかなか揃うことがなく、初ステージでとある大失敗をしてしまい「今までで一番残念な新人たち」とまで言われてしまう。 

(C)BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

まずは、個性が豊かなキャラクターが本作の魅力。未経験で不安いっぱいで「ふらふらしている」主人公(福原遥)、プロ意識が高くしっかり者の全国大会優勝経験者(美山加恋)、ぽっちゃり体型で和やかなギャグも言うムードメーカー(富田望生)、ハワイ出身のおっとり系かつ変わり者(前田佳織里)、笑顔に自信がないがコンプレックスに向き合う努力家(陶山恵実里)など、多様な魅力を備えているためすぐに好きになれるし、自分に似たキャラに感情移入ができるだろう。

それぞれの個性が豊か「すぎる」がゆえにメンバーは初めこそ衝突してギクシャクして、大失敗もしてしまうのだが、そこから彼女たちがどのように前を向き始め、切磋琢磨して成長し、お互いにお互いを支え合う仲間となっていくか……が見所になっている、まさに、王道のスポ根ものをストレートにやり切っている作品であるのだ。

(C)BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

それらのキャラクターたちの設定は、実際に現地で取材した情報を基に構築したものが多いという。主人公が姉の後を継いでダンサーになるという設定は映画オリジナルであるが、フラガールズ甲子園で優勝した人、子どもの頃からステージを見ていて応募した地元出身の人など、実際のダンサーたちの動機を物語に取り入れている。実に「アニメ的」と思える要素(ハワイ出身の女の子が語尾に「にゃあ」をつけて他メンバーから「やめて」と言われるなど)もあるが、現実に基づく地に足のついたキャラ造形もなされている、だからこそ彼女たちが魅力的に思えることこそが本作の長所だ。

また、主要メンバー5人以外のボイスキャストも豪華だ。山田裕貴ディーン・フジオカが演じるキャラも魅力的であるし、さらには早見沙織、上坂すみれ、東山奈央、三木眞一郎、木村昴など、大人気声優陣も脇を固めている。映画やアニメだけでなくゲームも手がけている大島ミチルの音楽も聴きどころで、フィロソフィーのダンスによる主題歌「サンフラワー」も心地良い余韻を与えてくれるので、エンドロールの最後までぜひ聴き入ってほしい。




NEXT|次ページ > 現役ダンサーの動きを取り入れたスタッフのこだわり

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録