『バルーン 奇蹟の脱出飛行』レビュー:国の分断を背景にした見事な冒険映画!

 (C)2018 HERBX FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH AND SEVENPICTURES FILM GMBH

20世紀は戦争の世紀と呼ばれて久しいものがありますが、それに伴う国や社会の分断なども今なお深刻な影響を色濃く残し続けています。

第2次世界大戦後に東西分断となったドイツでも、ベルリンの壁が崩壊するまでのおよそ40年、さまざまな悲劇がもたらされ、またそのことを訴える書物や映画&ドラマなども数多く存在します。

7月10日よりTOHOシネマズシャンテをはじめ全国順次公開予定の『バルーン 奇蹟の脱出飛行』(18)も、東ドイツから西ドイツへ気球で決死の脱出を図った家族の実話の映画化です。

当時は西側メディアが「東ドイツからの最も華々しい亡命」と報じた奇跡……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街484》

ようやくドイツ本国で、秀逸な実録エンタテインメントとしてのお目見えとなりました!

1979年に実際に起きた
決死の亡命事件の映画化

『バルーン 奇蹟の脱出飛行』は、1979年の夏、東ドイツのテューリンゲン州ペスネックが舞台となります。

社会主義体制の圧政のもと、電気技師ペーター・シュトレルツィク(フリードリヒ・ミュッケ)と妻ドリス(カロリーヌ・シュッヘ)、15歳の長男フランク(ヨナス・ホルデンリーダー)、11歳の次男フィッチャー(ティルマン・デブラー)の家族4人は、準備に2年を費やした熱気球による西ドイツへの国境越えを目論み、今夜まさに決行しようとしていました。

しかし当日、共に脱出するはずだった親友のギュンター(デヴィッド・クロス)とその家族は、設計上の大きなリスクが発覚して同行を断念。

深夜、ペーターたちはいよいよ気球に乗り込み、高度1700メートルの雲の上まで浮上しますが、まもなくして防水加工していない布製の球皮が湿って急降下し、国境の手前数百メートルの森の中に不時着。

やむなく家族は夜明けを待って自宅へ戻り、何事もなかったかのようにふるまいますが、事件はすぐさま西側への亡命を図る国民を厳しく取り締まる国家保安省“シュタージ”に知らされ、ザイデル中佐(トーマス・クレッチマン)の指揮で捜査が開始されます。

一方、万策尽きたと落ち込むペーターでしたが、ドリスの励ましでもう一度気球を作ることを決意。

ザイデルらの追及が刻一刻と迫っていく中、ペーターの家族とギュンターの家族、合わせて8人の再度の挑戦が始まりました……!


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com