ネットを騒がせたバンド「B.C.V.」がアリアナ・グランデとのエピソードを語る!

結成10周年を記念して2017年5月4日にLAで行ったライブへ、映画『美女と野獣』のテーマソングなどでおなじみの歌姫、アリアナ・グランデが訪れ、ネット上を騒がせたバンド「B.C.V.」。一体どんなバンドなのか気になる!


左から、南條耕平、西間木陽、小山将平、浅賀光太、加藤大清

そこで、帰国した彼らが5月18日に開催した「ラドンナ原宿」での凱旋ライブにて、インタビューを実施。アリアナが訪れた経緯や裏話、「B.C.V.」の魅力に迫ります。

また、彼らを絶賛する、漫画家の弘兼憲史先生からのリコメンドコメントもご紹介!

ーーーーー

エレキインストバンドのB.C.V.のメンバーは、リードギターを担当し、バンマスもつとめる小山将平、ベースの西間木陽、ドラムスの浅賀光太の3人。そして、加藤大清、南條耕平の2人がサポートメンバーとしてギターを担当する。

B.C.V.は、アメリカで60年代から活躍し、一大ジャンルを築いた「ザ・ベンチャーズ」や寺内タケシ、加山雄三、三根信広などをフィーチャー。20代から30代という若い世代のバンドながら、「ザ・ベンチャーズ」との交流もあるなど、実力は折り紙つき。

そんな彼らのライブでは、「ザ・ベンチャーズ」のカバーはもちろん、「Deep Purple」などのハードロックも演奏。さらに「津軽じょんがら節」や、アメリカでは歌舞伎ソングと呼ばれる「娘道成寺」などエレキインストに生まれ変わった日本の楽曲も。そのほか、「パリの散歩道」と「長崎は今日も雨だった」をコラボレーションするなど、客席を楽しませる工夫に満ちている。

また、お笑い好きという小山を中心とした、軽妙なMCも見どころ。浅賀によるモノマネなども交えながら、この日の話題はやはりLAの土産話。限られた時間のなか、LAで過ごした7日間を面白おかしく振り返った。

ーーーーー

── まずは、アリアナ・グランデさんがライブに訪れたときのお話を伺いたいです。

小山 会場が「The Baked Potato」という超老舗のライブハウスだったんですが、アリアナさんは4〜5ヶ月に一度くらい、ふらっと遊びに来られるそうなんです。それでたまたま、B.C.V.のライブに来てくださって。

加藤 僕が、GWじゃないとスケジュールが取れなくて。本当に偶然だったんです。

小山 当日は「ザ・ベンチャーズ」のメンバーさんだったり、矢沢永吉さんのバンマスをつとめるToshi Yanagi(トシ・ヤナギ)さんも来てくださって。来ている方がすごすぎて、逆に緊張しないくらいの感じでした。

そんななか、1ステージ目が終わったときに、耕平が「やばいです! アリアナ・グランデが来てます!」って。出会ってからの10年で一番テンションが高かったですね(笑)。

南條 …そんなでしたか(照)?

小山 正直、俺は『美女と野獣』のテーマソングを歌ってる人、というくらいの印象しかなかったけど、クールボーイな耕平がこんなに興奮するくらいすごい人なんだな、と。話しかけにいきたかったけど、「完全プライベートだから」と、コーディネーターさんに止められちゃって。でも、耕平は抜け目なかったね。

南條 サインをもらいに行っちゃいました。

小山 しかもボーイフレンドのマック・ミランと来ていて、アリアナさんに「私のサイン? 彼のサイン?」みたいなことを言われたんだよね?

南條 はい。それで、アリアナさんに「You」って伝えて、書いてもらいました。

小山 「You」って、ジャニーさんみたいでいいね(笑)。

西間木 アリアナさんは、1ステージ目の途中から2ステージ目の途中までいらっしゃったんですが、隣のファンに話しかけられて、騒ぎが大きくならないように出て行かれたみたいでした。

小山 「ごめん!」って感じのジャスチャーをしながら会場を出て行って。本当に、気を遣ってくださいました。そういえば、大清くんはCDを渡してたよね。アリアナさんに渡すと思わずにサインを書いたけど、俺らのサイン、いらなかったんじゃ…。

加藤 そこは、スペシャルサンクスってことで(笑)。

小山 ライブ会場ではそんな感じだったんですが、そんなすごい人が来たんだなって思いながら、ホテルに帰って。気になって調べてみたらインスタグラムのフォロワー数が世界2位なんですよ。あのジャスティン・ビーバーよりも多くて!

加藤 彼女のインスタに載ったら、第二のピコ太郎になるんじゃないかと、みんなでそわそわしましたね。

小山 俺はまぁ、そんなことはないかなと思ってたんですけど、ちょっと外に出てたら、西間木くんから電話がかかってきて。

浅賀 「将平、早く帰って来て! やばい! ピコ太郎になってる! 早く戻って来て!」って(笑)。

小山 そうそう。すごく焦ってるから、急いで戻ったら、アリアナさんがインスタに載せてくれてたんですよ。

加藤 そこから寝れなくなっちゃってね。

西間木 ムービーを載せられる「ストーリー」の投稿で、15秒くらいのライブ風景と、B.C.V.って書いてあるCDジャケットの動画を載せてくださってたんです。

小山 ストーリーは24時間しか観られないので、24時間以内にどうにかしないと、って慌てましたね。突然、バンドのアカウントを作ったりして。それにしても、日本の女の子たちの食いつきがすごかった。

加藤 「アリアナ・グランデが日本語使ってる!」って。

小山 8月の来日に向けて勉強されているという、日本語を使った投稿で。そしたら、ティーンたちがツイッターで、「アリちゃんが、ありがとうって言ってる!」「アリちゃんが日本語使ってる!」「アリちゃんって日本語使えるんだね!」って盛り上がってて。

シンデレラ“ピコ太郎”になれるかと思いきや、B.C.V.がなかったことになっちゃってた。「ありがとうB.C.V.」という投稿のB.C.V.がどっかいっちゃって、みんな“ありがとう”のほうに反応してて。

加藤 B.C.V.ってなんなんだろうね? って。

小山 我々、背景だとしか思われてなかったっていう(笑)。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com