『美女と野獣』感想、胸が熱くなる圧巻の映画

美女と野獣 3連ポスター

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

2017年4月21日に公開された『美女と野獣』を観てきました。

1991年にディズニー・アニメーションとして公開された『美女と野獣』の完全実写化ということで話題になっています。
実は私、アニメーション版の『美女と野獣』を観ていないのです……。

今回『美女と野獣』デビューした私が良かった!と思ったところをご紹介したいと思います!

ベルが晩餐会に招待される場面のミュージカルシーンは圧巻!。

『美女と野獣』は劇中の随所にミュージカルシーンが出てきます。

ミュージカルシーンは冒頭からいきなり始まります。
主人公であるベルが住む村人全員がキャストになり、ベルの登場と共に華やかに映画が進みます。

ミュージカルのシーンでは普通の演技よりも、よりキャラクターの心情が伝わってきます。

個人的に一番のお気に入りシーンはルミエール、コグスワースをはじめとする野獣に仕える人々がベルのために晩餐会を開いてくれるところです。

お城の厨房から続々と料理が運ばれてくるのですが、ルミエールの合図と共に食堂が一気に華やかに彩られます。お城に仕える人々総出でベルの食事を楽しませようと、踊りやショーを繰り広げます。その光景はまさに夢のようでした。不安そうにしているベルの心を解きほぐすために美しさが広がるスクリーンに思わず釘付けになってしまいました。このシーンだけでももう一度観たい!と思えるシーンでした。

美女と野獣 メイン

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

人間らしさを取り戻していく野獣が抱く愛に震えた

男性の私としては野獣が人間らしさを取り戻していくところが本当に良かったです。

最初はぶっきらぼうに、横暴にベルに振る舞う野獣でしたが、彼女と一緒に過ごす内に野獣は人間らしさを取り戻していきます。

そして、ベルに対して恋心を持った野獣が歌うこのシーンでは、野獣の心の奥深くにある愛が一気にあふれ出ます。

わがままで、傲慢な性格が故に野獣に変えられてしまった王子が少しずつ人間らしさを取り戻して、ベルに対して愛情を持つまでの過程は本当に観ていて胸が熱くなります。

吹替版はミュージカルシーンを存分に楽しめた!

今回は私は日本語吹替版を観たのですが、ミュージカルシーンに集中して観ることができました。

日本語吹替版の担当は全て実際のミュージカル俳優や舞台、歌を得意とする方が担当してします。主人公のベルには昆夏美さん、野獣は山崎育三郎さんが担当。どちらもミュージカルを得意とされている方々でミュージカルには欠かせない歌も素晴らしいです。

また、吹替版は日本語らしさのある翻訳がされていて、非常に良かったと思います。ガストンの声を担当されている吉原光夫さんとル・フウを担当されている藤井隆さんのかけあるのあるミュージカルシーンは非常に楽しめると思いました。

もちろん、脇役も見逃せません!個人的には燭台に姿を変えられたルミエールの声を担当している成河(そんは)さんが裏の主役と言ってもいいほど素晴らしく、大きな拍手を送りたいです。

美女と野獣 場面写真1

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

初めて『美女と野獣』デビューしましたが、こんなに素晴らしい映画だとわかって後悔しました。
なぜもっと早く観ておかなかったのか、と。

すでにアニメーション版の『美女と野獣』を観ている人もそうでない人も間違いなく楽しめる映画になっていると思います。
ぜひ映画館に足を運んで観て欲しいです!

(文:澤田孝志)

関連記事

『美女と野獣』の衣装が銀座でタダで見れる!ので見てきた!
『美女と野獣』の城にも行ける!?パリ旅行気分で観られる映画たち
実写版『美女と野獣』は日本でも快進撃をみせるのか
『美女と野獣』ビル・コンドン監督、91年アニメ版について「完璧な映画」
『美女と野獣』アニメとの違いまとめ!すべてが美しい極上の130分!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com