真のベストマッチは誰と誰?『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』犬飼貴丈・赤楚衛二・武田航平鼎談&相性診断

2018年8月4日(土)公開の映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』。今作は現在日曜午前9:00より放送中の『仮面ライダービルド』初の単独劇場作品です。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

火星から持ち帰られた「パンドラボックス」によって、東都、西都、北都の3つに分断された日本も、戦争が終わり、ひとつになろうとしているかのように見えたものの、その裏には地球外生命体ブラッド族の企みが…。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

5月には、仮面ライダーシリーズ史上最大規模という北九州ロケも敢行された今作。そんな現場での話題や本作の見どころなどを、仮面ライダービルド/桐生戦兎役・犬飼貴丈さん、仮面ライダークローズ/万丈龍我役・赤楚衛二さん、仮面ライダーグリス/猿渡一海役・武田航平さんに語っていただいています。さらに、彼らの関係性が垣間見える、<相性診断>企画にも挑戦してもらいました!

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──今回のストーリーについてはいかがでしたか?

犬飼:正直にいうと、最初に脚本を読んだときには不安がすごくありました。テレビシリーズで、時に折れながらも、芯を一本通して立ち上がっていく戦兎の姿をしっかり描いてきたうえで、今回のお話だったので、どういう理解をしたらいいんだろうと。それに対して、監督やプロデューサーさんと、ものすごく話し合いをさせていただいて撮影に臨みました。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

赤楚:僕はただただ、「戦兎が苦しそうだな」って…。万丈と戦兎の関係など、映画で新しい何かを見せるということではなく、これまでの積み重ねが大事だったんだなって、脚本を読んだ時に感じました。劇中の万丈は髪型も違いますし、映画を観た方の反応も気になりますね。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

──武田さんは、犬飼さんや赤楚さんとはまた違う感じの登場でしたね。

武田:おもしろお兄さん来たな、って感じですよね。

犬飼・赤楚:(笑)。

武田:一海と幻徳の大人チームは、若い二人とはまた違う感じで。今回の映画では、物語のスパイスというか、味付けをする側として、二人の手助けができればいいな、と思いながら撮影に挑みました。

──道路を封鎖しての大規模ロケも行われた、北九州での思い出も伺いたいです。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

犬飼:参加してくださったみなさんから、作品に対しての愛もすごく感じられて。映画に臨むモチベーションも、一気に跳ね上がったと思います!

赤楚:モニターを通して見ていても迫力が伝わって来たので、「これは面白い映画になるんじゃないか」って期待が高まりました。

犬飼:あと、撮影以外では、いかに隙間を見つけて、おいしいものを食べるかっていうテーマを掲げていたので、うどんとかラーメンとか、暇さえあれば食べに行ってましたね。有名なお店を聞いて、素早く行くことに撮影以外では命をかけてました(笑)。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

赤楚:一番思い出に残ってるのは、最後のラーメン屋さん。3軒くらいお店を回った後に行ったんで、それまでに本当にお腹いっぱいになっちゃって(笑)。なのに大盛りとか…。

武田:あと、唐揚げも(笑)。なぜか(水上)剣星さんが、みんなが食べきれないラーメンを「俺、いくよ」って(笑)。

赤楚:最終的に大盛り2杯以上食べてましたよね。

犬飼:「いらないの? だったらちょうだいよ」って(笑)。

赤楚:で、そのあと、タクシーで「気持ち悪い。食べ過ぎた」って言ってましたね(笑)。

──水上さん、4人の中で一番年上ですけど、自由人な感じですね。

犬飼:一番年下感が…。

赤楚・武田:(爆笑)。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──逆に、一番年上っぽいのは?

犬飼:一番年上っぽいのは、航平さんじゃないですか?

武田:いやいや、貴丈もちゃんとしてるじゃない。剣星さんはお兄さんなんですけど、優しいからね。

犬飼:そうですね。わざとそういう面を見せない。

武田:年上といっても、僕の一個上だし。頼り甲斐がありながらも、ちょっと隙を見せてくれてる優しいお兄さんって感じだね。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com