『セントラル・インテリジェンス』のロック様から「いじめカッコ悪い」を学ぼう!2017年のバディムービーを振り返る!

(C)2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

2017年も残すところ2ヶ月、さまざまなジャンルの映画がこの世に送り出されましたが、実は男同士の“バディムービー(2人の主人公が相棒となって活躍する映画)”が充実していたことをご存知でしょうか? ここでは現在公開中の映画も合わせて、2017年に公開されたバディムービーを振り返ってみます。

1:『セントラル・インテリジェンス』 いじめられっ子が筋肉ムキムキのロック様に!

主演:ドウェイン・ジョンソン(ロック様)&ケヴィン・ハート

(C)2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

11月3日より公開されたばかりの作品です。物語の発端は「昔のいじめられっ子と20年ぶりに再開したら、筋肉ムキムキのロック様になっていた!」という衝撃的なもの。それだけ聞くと「そんなわけあるかーい!」とツッコミたくなりますが、その高校生時代を演じていたふくよかな体型の俳優がわりとロック様に似ていたり、“1日6時間20年間365日欠かさずトレーニングをした”という尋常ではない努力も語られているので十分納得できますね(そうか?)

ゲラゲラと笑えるのは、ケヴィン・ハート演じる相棒が、ロック様の強引なペースに“乗せられてしまう”こと。「俺はお前の相棒じゃねーから!関係ねーから!」と必死に伝えようとしても、「もう協力するかないからね!ほらもう敵が撃ってきてるよ!」と朗らかに答えられるという感じ(笑)。良い意味で強引に窮地を切り抜けたり、ロック様が驚愕の“変身”をしたり、何気ない会話がしっかりと伏線として回収されたりと、ずっと楽しくニコニコしながら観られることでしょう。もちろん、ロック様のモリモリ筋肉で悪いヤツを叩きのめすサービスシーンもあるよ!

そんな良い意味でのおバカ映画なのですが、実はマジメなテーマもあります。ローソン・マーシャル・サーバー監督によると、本作は「大人になるとはどういうことか、それを探求する男の話」でもあるのだとか。確かに、ケヴィン・ハート演じる男は高校時代にスーパースターだったけど、今は冴えない中年になって出世もできないことに悩んでいる。ロック様はいじめられっ子からムキムキな大男に大変身したけど、その内面はまだまだ弱くて脆いところもある。どちらも重大な弱点を持っている……そんな彼らが成長する物語にもなっていました。

観終わった後は「間が抜けている人間でもカッコよくなれる!」「自分のカッコ悪い部分を認めてもいいんだ!」と、ポジティブなメッセージを受け取れることでしょう。同時に、「イジメをしているやつは超カッコ悪い!」という痛快かつまっとうな“正しさ”も知ることもできる……そんな志の高い作品でもあったのです。ぜひ、いじめられっ子に本作を観て欲しいです。きっと強い心を持つことができますし、ロック様のようなモテ男に変身することも夢ではなくなるのかもしれませんよ!

ちなみに、ロック様が海難救助のライフガードに扮する『ベイウォッチ』が現在レンタル中、「ボンクラな高校生がテレビゲームの中に入ったらロック様になっていた!」という『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(ロビン・ウィリアムズ主演の『ジュマンジ』の22ぶりの続編)が2018年春に公開予定です。『ワイルド・スピード』シリーズでロック様のファンになった方も、ぜひチェックを!

2:『グッド・タイム』 弟と一緒に銀行強盗をすると、意外な展開に!

主演:ロバート・パティンソン&ベニー・サフディ

(C)2017 Hercules Film Investments, SARL

こちらも11月3日より公開されたばかりの作品です。主演の1人は『トワイライト』シリーズで世界中の女の子をメロメロにしたロバート・パティンソンなのですが……本作ではニューヨークの最下層で暮らしているダメ男を熱演、良い意味でイケメンが台無しになっています。

あらすじは、知的障がいのある弟と一緒に銀行強盗を働くものの、逃走中に弟だけが捕まってしまったので、兄がなんとか救おうと奔走する……というものなのですが、途中から「えーっ!」と叫びそうになるほどの意外な展開が訪れます。画がクールな一方で、実は良い意味で間が抜けたコミカルなシーンも多いのです。演出も型破りなところがあり、大作映画にはない“エッジの効いた”作風こそが魅力と言っていいでしょう。

本作の魅力として外せないのは、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(OPN)というミュージシャンによる、サイケデリックでカッコイイ音楽。音響設備の整った劇場で聞くと、さらなる高揚感を得られるでしょう。(しかもロックスターのイギー・ポップがエンディング曲に参加!)

なお、本作を手掛けたのは、麻薬中毒の若者たちを描いた『神様なんかくそくらえ』で高い評価を得たジョシュ&ベニー・サファディ兄弟。劇中の知的障がいのある弟を演じていたのは、なんとベニー監督本人だったりします。その他、『ヘイトフル・エイト』でのイッちゃってる演技も記憶に新しいジェニファー・ジェイソン・リーが、カワイくてまともな女性を55歳(!)にして演じていることも注目です。

3:『ヒットマンズ・ボディガード』 ボディガードと殺し屋、その相性は最悪!

主演:ライアン・レイノルズ&サミュエル・L・ジャクソン

日本では劇場未公開でしたが、Netflixで配信が行われている作品です。あらすじは、依頼人を守れずに一線を退いたボディガードが、独裁者の有罪判決に必要な証言をさせるため、凄腕の殺し屋を護送するというもの。1人はマジメで厳格だけど、もう1人はおしゃべりなお調子者という。絵に描いたような“相性が最悪の2人”になっていました。

その特徴を端的に表せば、「サービス精神が満点!」ということに尽きます。ありとあらゆるカーチェイスやガンアクションがてんこ盛りで、バディムービーものの醍醐味“2人が共闘していくうちに信頼していく”過程も十分、驚きの真相が隠されていたりと、娯楽性が存分に高い作品に仕上がっていました。

『デスペラード』でヒロインを演じていたサルマ・ハエックが攻撃的すぎる女性にハマりまくっていたり、 『レオン』のゲイリー・オールドマンがイヤ過ぎる独裁者を演じていることも大きな魅力です。それにしても、ライアン・レイノルズは苦労人が、サミュエル・L・ジャクソンは腹が立つほどのおちゃめなキャラが似合いますね(もちろん褒めています)。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com