『チェリーボーイズ』公開記念!林遣都・柳俊太郎・前野朋哉 禁断の男子会トークに潜入

2月17日(土)公開の映画『チェリーボーイズ』で、25歳の童貞3人組を演じた林遣都さん、柳俊太郎さん、前野朋哉さんを直撃。ストイックな役作りから、撮影現場で目撃したマル秘裏話までたっぷりと語ってくださいました!

ギリギリを攻めた『チェリーボーイズ』撮影現場

(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

──お互いの印象について教えてください。

林遣都(以下、林):なんていうんだろう…大胆ですよね。

前野朋哉(以下、前野):え?大胆?

林:あんまりこういうの言いたくないんですけど、お芝居をしながら“こうすると面白いんじゃないか”っていうセンスがすごいあるなぁと思いました。

前野:そういうことか。あんまり僕はそういうこと考えてなかったです(笑)。僕自身、林くんの国森をみて高杉を作っていったので。だから正直僕は、あの有無を言わさないカリスマ童貞の国森を林くんがどうやって作っていったのかが気になってた(笑)。

林:3人でいるときも常に国森発信が多かったので、リハーサルから完成したものをぶつけていきました。それを汲んでもらえたのはありがたかったです。

完成した作品を観て改めて思ったのは、本当に(国森は)どうしようもない奴なんです。嘘ばっかりつくし卑怯だし、すぐ人のせいにして言い訳するし、最低なんですけど、でも根底はすごく優しいヤツなんだっていうのを吉村と高杉さえ分かってくれればいいや、と思って芝居してました。

──かなり攻めた内容だと思うんですが、演じるうえで意識されていた点はありますか?

前野:すべて台本に書かれていることなんですけど、そこに説得力を持たせることが難しかったですね。例えば、笛子が強かったから3人の計画は失敗に終わって、彼らは救われてるんですけど。一歩間違えれば、犯罪者ですからね。

柳俊太郎(以下、柳):何かが一つ欠けてもダメだし、突出しすぎちゃうと、とんでもないことになるし。物語のバランスは常に考えてましたね。

林:そう、ギリギリを攻めたよね。こういう作品だからこそ、嘘が無いようにしたいっていう思いが強かったです。

ストイックな役作り

──印象的だったエピソードはありますか?

前野:あのね…本当にこれ映していいのかな?ってくらい、林くんがヤバい目つきのときとかあって(笑)。

柳:よく話してましたよね! 「あの顔見た?」って(笑)。

林:でも1回保てなかったときがあって。エライザちゃんにバーッて罵声を浴びせるシーンで、アドリブで「ブス」って言っちゃったんです。それ言いたいってずっと思ってて(笑)。なんか裏返しじゃないですか、大好きな人に対しての。

前野:うん、わかる。

林:「ブス」って言われたのがすごい嫌だったみたいで、カットになった瞬間、エライザちゃんが「もぅ、ひどーい(※叩くポーズ)」ってやってきて。内心“めっちゃ可愛い”って思いつつ、顔は(国森を)保つっていう(笑)。

柳・前野:(爆笑)

林:コイツをとことん罵ってやろうって(笑)。

前野:もう決死の思いだよね、これは(笑)。

──ストイックですね(笑)。

(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

柳:テーマがテーマなので、台本の内容を話してても下ネタが多くて。それに加えて撮影スケジュールもタイトだったこともあり…だんだん悶々としてくるんですよ(笑)。

林・前野:(爆笑)

前野:あぁー、話してたね(笑)。

林:悶々としてたよね(笑)。

柳:そんな中で、皆さんそれぞれ女性とのシーンあったじゃないですか。実際現場ではどんな雰囲気だったんですか?

前野:僕はね、役柄上好きだっていうのもあったから、かわいいなぁと思ってたけど、目の前で共演してる人よりも、居酒屋のシーンで二人組がいたじゃない? あれくらいの距離間の方が悶々としてたかな(笑)。

林:(爆笑)。すごい、わかる。(石垣)佑磨さんとか、和気あいあいと待ち時間とか過ごしてて。本当はすごい輪に入りたいんだけど、今回この役だし、あえて喋らないっていう(笑)。

前野:確かにそんなに現場では女性と喋ってないですかね。池田さんともあんまり喋ってないでしょ?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com