実写映画版『シンデレラ』が玉の輿に乗らなくなった理由

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

本日4月21日、実写映画版『シンデレラ』が地上波で放送されます。2015年に公開された本作は、大筋は“皆が知っているあのおとぎ話”でありながらも、“現代ならでは”のアレンジが多く加えられ、原作の童話にもない新たな感動も生まれた素晴らしい作品でした。以下より、その魅力をお伝えます。

しかも、素敵な王子様がいつか現れて結婚するという、“棚ぼた”な玉の輿に乗るだけの内容ではなく、現代ならではの価値観が与えられた物語に生まれ変わっているのです。

※以下、核心的なネタバレは避けてはいますが、少しだけ作中のセリフや設定に触れています。予備知識なく映画を観たい方はご注意ください。

1:ディズニーアニメ版のシンデレラは“戦争終結後”の女性の理想だった?

『シンデレラ』が世界中で親しまれている童話で、いくつものバリエーションがあるのはご存知の通り。中でも有名な1950年のディズニーアニメ版は、17世紀末にフランスで発表された“ペロー童話集”を下敷きに、ネズミたちを始めとしたかわいいキャラクターの活躍や、「夢はひそかに」や「ビビディ・バビディ・ブー」などの挿入歌といった新たな魅力を加え、長く愛される作品になりました。

このディズニーアニメ版が製作されたのは、第二次世界大戦が終結した5年後のことでした。戦時中のアメリカでは、女性は戦場に赴いた男性の労働力の不足を補うため、工場や病院で厳しい仕事に従事しなければならないことが多かったそうです。つまり、まま母や義理の姉妹に下働きを強要されるシンデレラの姿は、ある意味で当時の女性たちの境遇に似ているとも言えます。

ディズニーアニメ版でよく登場しているのは、「信じていれば夢は叶う」という尊いメッセージでした。辛く苦しい戦争の時代が終わり、これからより良い未来が待っている、という当時の世相からすれば、このシンデレラの想いに共感しやすかったことでしょう。
しかし、先行きの見えない現代の価値観からすれば、この「信じていればよい」というのは“根拠のない希望”にも思えるかもしれません。

ディズニー作品に限らず、映画がその時代の世相を反映して作られている(また偶然に一致する)、というのはよくあることです。そして、この2015年版の『シンデレラ』もまた、“現代ならでは”の価値観がしっかり表れた作品に仕上がっていました(次の項に記します)。

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

2:王道的でありながら、現代の世相も反映した作品になった!

「信じていれば夢は叶う」であった1950年版のディズニーアニメ版に対し、この2015年版の実写映画でのシンデレラがどうなったかと言うと……「勇気と優しさを持つこと」を信条とする、より能動的に努力をするヒロインへと生まれ変わっていました。

たとえば、シンデレラは意地悪なまま母と義理の姉の仕打ちに耐え忍ぶことについて、「今まで幸せに暮らしていた家を守りたいから」と口にしていました。彼女はただ我慢しているだけ、お城の舞踏会を夢見るだけでなく、しっかりした目的意識を持っているのです。

シンデレラだけでなく、王子もまた将来のために頑張る魅力的なキャラクターに変わっています。
ディズニーアニメ版の王子はほとんど背景が見えないキャラだったのですが、2015年版の応じは“弱小国で利益を得るための政略結婚を迫られている”という設定が加えられており、彼はその“決まりごと”に抗がおうとしているのです。

さらに、意地悪なまま母は、完全な悪人として描かれていたディズニーアニメ版とは違い、“悪になってしまった理由”がほんの少しだけ示されていました。

まま母を演じたケイト・ブランシェットが「純粋に邪悪な人なんて誰ひとりいません、誰にでもそうなる動機や誘因があると思います」と語っているように、これも単純な善悪だけでキャラクターを表現しない、現代らしい改変と言えるでしょう。

こうした、“王子様を待っていればいい”という過去の受動的なプリンセス像に真っ向から立ち向かう作風は、昨今のディズニー映画の主流になっています。『プリンセスと魔法のキス』では王子様を待つのではなく“自分のお店を持つこと”が夢になっているヒロインが誕生し、『アナと雪の女王』では姉妹の愛情を主として描き、『マレフィセント』ではついに王子様があまりに役には立たなくなってしまうのですから。やはり、それは“夢見るばかりはいられない”、“女性が男性に頼らずに自立する”という現代の世相も影響しているのでしょう。

とはいえ、この2015年版の『シンデレラ』は、そこまで元のおとぎ話から“外れている”というほどでもありません。大筋はみんなが知っているお姫様の物語そのもの、テーマはとても道徳的で、勧善懲悪であり、夢のある魔法が登場し、ヒロインの心は美しく、王子様は中身も含めてイケメンです。極めて“王道的”に作られていると言っていいでしょう。

そんな王道的な物語でありつつも、昨今のディズニー映画と同様にプリンセスが能動的に努力をして、現代ならではの共感を呼ぶメッセージやキャラクターが新たに誕生する……これが2015年版の『シンデレラ』の最も大きな特徴であり、新たなディズニー映画の転換期となる作品である理由とも言えるのです。

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

3:豪華絢爛なドレスは“キャラクターの個性”を表していた!

今回の実写化において何よりも賞賛すべきは、豪華絢爛な衣装の数々ではないでしょうか。
3度のアカデミー賞に輝く衣装デザイナーのサンディ・パウエルは、撮影が始まる2ヶ月も前から、各キャラクターの個性を伝えるドレスのコンセプト作りに取り掛っていたのだとか。

例えば、意地悪な義理の姉のドレスは、派手な色とけばけばしい装飾で作られており、彼女たちの俗悪な性格をそのまま表しているかのよう。
まま母の緑のゴージャスなドレスは、その洗練された大人の魅力だけでなく、彼女の“嫉妬心”そのものも表しているかのようでした。
対して、フェアリー・ゴッドマザーのドレスは星の刺繍やスパンコールがあしあわれてキラキラとしていて、彼女の純粋さそのままのようです。このドレスには何十個のもLED照明がつけられており、彼女が魔法を使うたびに光るようにもなっていました。

そして、メインとなるシンデレラのブルーの美しいドレスは、247メートル以上のシルクとポリエステル、玉虫色のナイロンを使い、幾重にも層になったスカートには1万個以上ものスワロフスキークリスタルが散りばめられたという、もはや豪華という言葉では言い表せないほどの、スタッフの技術と熱意が結集した芸術作品になっています。その製作時間は、16人もの人員を持ってしても550時間にものぼったのだとか。

そのようにこだわり抜いて製作されたドレスの数々が、一同に集う舞踏会のシーンのは本作の白眉。豪華絢爛なドレスの中でもひときわ目立つ、シンデレラのブルーのドレスの“唯一無二”な美しさを忘れることができません。夢で見たようなおとぎ話の光景が、これほどまでに見事な実写映像で観られるなんて!

なお、シンデレラの結婚式では、このブルーのドレスとはまったく違った、彼女の“謙虚さ”や“清らかさ”が際立つようなデザインのドレスが登場していました。こうした数々のドレスのデザインの違いだけでも、本作は“キャラクターの個性”を見ることができ、かつ“夢の世界に浸れる”魅力に満ち満ちているのです。

    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」運営中のフリーライター。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。映画に対しては毒舌コメントをしながら愛することをモットーとしています。


    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 植木麻利子
    • 奥野 大児
    • 増當竜也
    • 宮本和彦
    • よしかわあやの
    • 大場ミミコ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo