隠れゴジラを探せ!ゴジラ公式サイトには意外な場所にゴジラが潜んでいる

1954年に公開されて以来、日本のに特撮怪獣映画の一大ブームを築いたのが「ゴジラ」

ハリウッドにも移植されるなど、その人気は日本に留まらない。

そのゴジラの東宝公式サイトにはちょっとしたおもしろい仕掛けがあるのをご存知だろうか?

ゴジラのサイトには隠れゴジラがいる

過去のゴジラ作品や最新ニュース等が展開されている「ゴジラ 東宝公式サイト」

ゴジラ公式サイト

(画像はゴジラ 東宝公式サイトをキャプチャしたもの)

こちらのサイトには「隠れゴジラ」が存在する。
その隠れゴジラがいるのがサイトのHTML記述が書かれた「ソースコード」だ。

ソースコードの詳しい見方についてはブラウザなどによって違うため割愛するが、一部のブラウザでは右クリックなどを押すとメニューの中に「ページのソースを見る」などがあるので、そちらをクリックすると表示される。

こちらがゴジラ東宝公式サイトのトップページに書かれたソースコードだ。

隠れゴジラ ソースコード

ゴジラ 東宝公式サイトソースコードより)

お分かりだろうか、アスキーアートなどと呼ばれる複数の文字を組みあせたもので、大きく「ゴジラ」と書かれている。(※一部のブラウザなどでは表示が崩れる場合があります)

こういったちょっとした遊び心はファン心理をくすぐる。もしかしたら、あなたの知らないところにも隠れゴジラはいっぱい存在するのかもしれない。

松竹といえば「宇宙大怪獣ギララ」

なお、我らが松竹の特撮怪獣映画といえば「宇宙大怪獣ギララ」だ。

宇宙大怪獣ギララ DVD ブルーレイ

当時、胸を弾ませて観ていた方たちは現在、ブルーレイディスクとして復刻しているので是非ご覧頂いてはいかがだろうか?

【あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション】宇宙大怪獣ギララ

なお完全に余談となるが、寅さんシリーズ34作目となる映画「男はつらいよ 寅次郎真実一路」では、冒頭で寅さんが夢の中で戦っている怪獣がいる。そう、その怪獣こそ「ギララ」だ。こちらもまさに「隠れギララ」といってもいいだろう。

こうした隠れキャラを探すのもまた映画の楽しみのひとつだ。もし意外な隠れキャラを見つけたら、是非シネマズにご一報を。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com