武田梨奈 独占インタビュー 過激な衝撃作・映画『木屋町DARUMA』

木屋町DARUMA 武田梨奈 インタビュー

予告編が公開されると、瞬く間にその数々の過激な描写が話題となった映画『木屋町DARUMA』が先日公開を迎えた。本作で体当たりの演技を見せてくれた武田梨奈さんが、シネマズの独占インタビューに応じてくれた。堕ちていくヒロインという新境地に挑んだ彼女の撮影秘話や、今後の展望についてなどを伺った。

「アクション=闘うだけの人」というイメージ自体を覆したい

―今回武田さんが演じた新井友里という役は、脚本を見た段階でもハードな内容だと想像がつきましたよね?

正直に言うと、最初は何も理解できなかったんですよ。なんかもう、大人の社会すぎて。「この世界観はなんなんだ!」っていう感じでした。

木屋町DARUMA 武田梨奈
映画『木屋町DARUMA』より

―どちらかというと、清楚なイメージがある武田さんにとって、新境地だと思うのですが、この役はどんな経緯でオファーがあったんですか?

2年半くらい前なんですが、俳優の島津健太郎さんに「お花見やるからおいでよ」って、役者さんとか映画関係者が集まるお花見に呼んでもらったところが、そもそものきっかけになっています。

―お花見ですか?

そこに、今回キャスティングプロデューサーもされた木下ほうかさんもいらっしゃって、「あれ?あんた武田梨奈?」と、ほうかさんから声をかけてくださったんですよね。そこで「今度、映画撮ろうと思ってるんだけど、台本見てみない?」といきなり言われたんですよ。

木屋町DARUMA  木下ほうか
キャスティングプロデューサーもつとめた木下ほうか(映画『木屋町DARUMA』より)

―それが今回の『木屋町DARUMA』の台本だった?

そうですね。どんな作品かも説明がないままでしたが「見させてください!」って言ったんです。そしたら、ほうかさんに「感想を教えて」と言われたので、感想を伝えた感じですね。

―なんとお伝えしたのですか?

「すごい作品すぎて感想が言えないです」って伝えました(笑)

―随分とストレートに伝えたんですね(笑)

それで「このヒロインの子を探してるんだけど、やりたいと思う?」と言われたので、「やりたいです」と伝えて話が進んでいったという感じですね。

木屋町DARUMA 武田梨奈
武田梨奈さん演じる新井友里

―しかし、事務所的には今回の役に反対はありませんでしたか?

そうですね、きっと事務所はダメと言うだろうなと私も思いました。マネージャーさんに、こういう話を頂いたと話した時も最初の反応が「うーん…」という感じだったんです。でも「梨奈はどう思うの?」って言われて、そのとき心の底から「本当にやりたい!」って思っていたんですよね。

―それはどうしてですか?

その頃、映画のオーデションに行った時、アクション映画じゃない作品だと「なんでアクション映画じゃないのに、君ここに来ているの?」と言われたりすることがあったんです。それで「アクション=闘うだけの人」というイメージ自体を覆したいと思っていたのもあって、これは今勝負したい作品だと思ったのが1つです。

―他にも理由が?

さきほどのと基本的には同じにはなるのですが、木下ほうかさんに「なんで私を選んだんですか?」と聞いたとき、ほうかさんが「アクション女優のイメージが強いから、違う武田梨奈を見てみたかった」と言ってくださったんですよ。「こういう風に精神的に闘っている役も、お前だったらできると思った」とも言ってくれて。

―それは嬉しいですね。

すごく嬉しかったです。だから「是非やりたい」って思ったんですよね。最終的には事務所も理解してくれて、出演させていただくことになりました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事