どれから観る?初見でも夢中になってあっという間のおすすめ配信ドラマ3選

Photo by Kon Karampelas on Unsplash 

■橋本淳の「おこがまシネマ」

どうも、橋本淳です。

55回目の更新、今回もどうぞよろしくお願い致します。

皆さん、どうお過ごしでしょうか?

わたしは、ほとんどの時間を自宅で過ごしております。こんなにも家事に従事することもなかったので、日々自分の家事スキルがメキメキ上がっていることに小さな幸せを感じています。

家を一気に掃除すると、この小さな幸せがすぐに終わってしまうので、1日ずつポイントを決めて、毎日じっくりと色々な所を攻めていきます。

少しずつ快適で美しい我が家に、変貌していく様を感じるのはいいものですね。

しかし、そこだけに従事しているのもアレなので、自分の内面も、ということで、ここぞとばかりに配信ドラマand配信映画のお世話になっております。

こんなにも時間があることもないので、海外ドラマなんて一気見し放題。マイリストに追加しておいて、見られなかった作品群を消化していく作業。これもなんだかお掃除のようで、これもまた幸せ。

そこで今回は映画ではなく、ドラマ系をご紹介していこうかなと思います。

現在ニュースなどから世界の情報を、自ら取りに行くことが最も重要な事ですが、それにも疲れた時には物語に没入するのなんてのは、いかがでしょうか?

海外ドラマ。と言われると膨大な数あるから、どれを見ていいのか分からないとなってしまいますよね。

そんな時に私が指針にするのは、エミー賞(アメリカのテレビドラマを始めとする番組のほか、テレビに関連する様々な業績に与えられる賞である。映画におけるアカデミー賞、演劇におけるトニー賞、音楽におけるグラミー賞に相当する)の作品部門のノミネート作品。これらの作品をチェックしていくと基本的にハズレがない印象。(そりゃそうですな)


    ライタープロフィール

    橋本淳

    橋本淳

    2004年(平成16年)テレビ『WATER BOYS2』で本格的に芸能活動を開始。2005年(平成17年)に『魔法戦隊マジレンジャー』の小津 魁/マジレッド役に抜擢される。 以後、テレビ『連続テレビ小説 ちりとてちん』『大河ドラマ 軍師官兵衛』『PATグランパ!』『悦ちゃん』、『CHASE』、『刑事ゆがみ』など。映画『婿入金魚』、『At the terrace テラスにて』、舞台『黒いハンカチーフ』『書く女』『月・こうこう、風・そうそう』『クレシダ』『キネマと恋人』『君が人生の時』城山羊の会『相談者たち』など多数の作品に出演。 シネマズby松竹では【おこがまシネマ】を第2、4火曜に隔週連載。「烏滸がましくも、まだまだ青臭さの抜けない、橋本淳という役者が、映画を紹介するページです。嗚呼、烏滸がましや烏滸がましや」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com