『ドロステのはてで僕ら』レビュー:2分の時差が巻き起こすドタバタSF快作!

(C)ヨーロッパ企画/トリウッド2020 

新型コロナウイルスによる世界的パニックの影響は当然映画界にも色濃く及んでいますが、そのことで今や日本全国に浸透するミニシアターの経営危機を救おうとするさまざまな運動などを通して、また改めて強くミニシアターというものの存在意義が映画ファンの脳裏に刻み込まれたことかと思われます。

これから紹介する『ドロステのはてで僕ら』も、東京・下北沢トリウッドや京都シネマで現在上映中、今後も全国各地で順次公開予定の作品なのですが、おそらくタイトルだけでは何の映画かよくわからないのでは?

実はこれってタイムトリップを題材にしたSF映画なのでした!

しかも全編長回し1カット撮影!

そして、そして、作り上げたのが……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街475》

あの上田誠率いる演劇集団ヨーロッパ企画なのでした!
(だから当然ながらに抱腹絶倒の面白さ!)

タイムテレビの発見が巻き起こす
捧腹絶倒の集団劇!

映画『ドロステのはてで僕ら』は、とある雑居ビルの中で繰り広げられていきます。

2階の部屋にいたカトウは、突然聞こえてきた声に反応してテレビを見ると、何とその画面の中には自分の顔が!?

しかも、こちらに向かって話しかけているのです!?

「オレは未来のオレ。つまり2分後のオレなんだ」

??? となる2階のカトウではありましたが、要するに彼が今いる2階の部屋と1階のカフェが、どうも2分の時差でつながっているらしいのです。

そんな“タイムテレビ”の存在を知ったカトウは1階に降りて、カフェの常連客らを巻き込んで、テレビとテレビを向かい合わせてさらなる未来を知ろうとするのですが、そこにカトウが憧れる隣人の理髪師メグミやら、5階の闇金業者、さらには謎の客も登場したりして、事態は加速度的にワヤクチャになっていき、そこにまた未来の整合性といったあらがえない運命みたいなものまで襲いかかってきて……!!!!!


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com