「友達の部屋を借りセックスした?」エマ・ストーンの魅力溢れる『小悪魔はなぜモテる?!』

小悪魔はなぜモテる?! (字幕版)

『ラ・ラ・ランド』でアカデミー主演女優賞を受賞したことも記憶に新しいエマ・ストーン。そんな彼女が珍しいビッチ風の役を演じたのが『小悪魔はなぜモテる?!』です。さて、実際にビッチな役柄かといいますと……。

あらすじ

目立たない存在の女子高生オリーブ(エマ・ストーン)。ある日彼女は、大学生と寝たという嘘をついたことから、学校中に尾ひれがついて広まってしまいます。

そして、その噂を利用し、ゲイのためイジメられている男子生徒から懇願され、パーティのときに友達の部屋を借り、セックスしたと偽装。

さらにその噂が広がり、モテない男子たちから偽装Hをリクエストされ、現金やクーポン券と引き換えに彼らの願いを叶えていくが……。

優しすぎる主人公オリーブ

善人すぎるオリーブは人から困っている人に懇願されたら、どうにか助けてあげたいと思うタイプ。

なので、噂を利用して集まるモテないくんたちにも同情的。最初は自分自身が派手な服装をしているときに、注目されたいという思いがありましたが、基本的には相手のために自分を犠牲にして引き受けていきます。

その結果、親友と喧嘩することになったり、皆から後ろ指をさされたり。

それでも持ち前の明るさで「こんなのなんともないわ。むしろこれをネタにしてやる」と振舞う彼女はとても可愛い!エマ・ストーンファンならもうメロメロになること間違いなし。

そんな彼女も、「なんでも彼女のせいにしてしまえ」という風潮に我慢できなくなり、ある方法を取るのですが……。まぁこれが比較的最初からこうやって暴露しています、て体裁なのですが。

露出高めのエマの衣装に注目

エマはビッチのレッテルを貼られてから、かなり衣装が派手になっていきます。そのほとんどが胸元が大きく開いた服ばかり。

しかし、そんな露出の高い衣装を着てもいやらしく感じないのがエマの魅力でしょう。

エマ・ストーンファン必見の衣装です。

「緋文字」を現代風にアレンジ

この作品は、「緋文字」という映画をベースにしつつ、現代風にアレンジをしています。だからといって「緋文字」を知らないと話がわからないかというと、そうではありません。

各いう自分も、それを知らずに映画を見ました。見終わった後、映画サイトでモチーフにしていることを知りました。

劇中でも「緋文字」のことがことあるごとにでてきて、エマは「オリジナル版はよかったけど、デミ・ムーア版はダメ」などなど批評もしていたり。

さらに、「緋文字」の主人公同様、ビッチのレッテルを貼られたあとは胸元に「姦通罪を犯した女」という意味の「A」の刺繍をつけるようになります。

このあたりは知らなくてもいいことなのですが、知っておくとさらに意味が分かっていいと思います。

まとめ:エマファン必見のDVDスルー作品

エマの魅力はいまさら語る必要ないくらい広まってきていると思いますが、同作は日本ではDVDスルーであり、まだ日本でそんなに売れてない頃のエマの映画です。

そのためエマファンでもまだ見てないって人は多いのではないでしょうか?

あまり見られないビッチ風エマ。彼女はこんな役もやっていたのね!という新しい発見ができると思います。エマファン必見の青春ムービー。これを機にぜひチェックを。

(文:波江智)

関連記事

乃木坂46 能條愛未、『ラ・ラ・ランド』を語る その1
乃木坂46 能條愛未、『ラ・ラ・ランド』を語る その2
乃木坂46 能條愛未、『ラ・ラ・ランド』を語る その3
『ラ・ラ・ランド』を“好きになれない理由”を考えてみた
これを観ておくと『ラ・ラ・ランド』がさらに楽しめる!10の映画

    ライタープロフィール

    波江智

    1978年生まれ。映画ライター。シネマトゥデイややcinema Ala Carteなどに寄稿。ジョージ・ルーカスとガイ・リッチーを敬愛。ベストムービーは『ロックストック&トゥースモーキングバレルズ」。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 猫ライター(登世子)
    • 生熊友博
    • 猫ライター(コロン)
    • miya-nee (みやねえ)
    • 澤田孝志

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo