『フランス映画祭2015』オープニングセレモニー完全再現レポート

Bonjour!(ボンジュール!) 編集部公式ライターの大場ミミコです。

2015年6月26日より始まった『フランス映画祭2015』 に参加してきました。
オープニングセレモニーが行われた有楽町朝日ホールには、フランス映画ファンや外国人などが駆けつけ、エントランスは多くの方々で賑わいました。

001

筆者がフランス映画祭に参加するのは3回めですが、毎回楽しみなのが「ロビーの装飾&陳列物」。どことなくパリ風に仕上がった雰囲気に、セレモニーへの期待も高まります。

ロビー&エントランスからフレンチシネマ一色!

ロビーに入り、まず目に飛び込んでくるのが、ポスターがずらりと並んだ一角です。上映される12作品の個性が色濃く表現されたポスターたち。それらを12枚並べてもケンカしないのは、フランスという国が持つ“突出した美意識”のなせる技かもしれません。

ロゴと写真の組み合わせという点では同じなのに、日本ともハリウッドとも違った「オサレ感」が放たれています。さすがはモード大国・フランス。そのセンスに脱帽です!

002

そしてこちらは、協賛企業でフランスを代表するアパレルブランドでもある「ラコステ(LACOSTE)」と「バカラ(Baccarat)」がコラボしたワニさんです。このようなオブジェが飾られるのも、フランス映画祭ならではの風景ですね。

003

他にもロビーには、様々な映像が流れるモニターや、関連作品のリーフレットなども置かれています。フロア全体で映画祭を楽しめる仕掛けになっているので、会期中に上映時間より早く到着しても安心ですよ〜。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com