オシャレでシュールで甘美な 食人映画『フリーキッチン』

11月28日より食人残酷映画『グリーン・インフェルノ』が公開されますが、ちょうど同じ日に日本の食人映画もお目見えします。
しかし、こちらはある意味オシャレでシュールかもしれません……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.67》

『フリーキッチン』、最初の肉はお父さんとその愛人でした……⁉
フリーキッチンサブ1

人肉を美味しく調理する母の狂気と
肉の性別や年齢を当てる息子の恋

福満しげゆきの漫画『娘味』を原作とする『フリーキッチン』は、内気でいじめられっ子の高校生ミツオと、美しい母キョウコのふたりきりの、それとなくゴージャスな食卓をまず映し出します。

しかし、食卓に並ぶステーキやらミートロ-フやらといったお肉の類は、どうも母が“調達”してきた人間の肉のようなのです。

ミツオがまだ幼い頃、母は父とその愛人を殺害し、彼らの肉を料理し、食しました。

以来、母は定期的に誰かを捕まえては手際よく料理するようになり、ミツオはいつしかその肉を食べただけで性別や年齢などがわかるような舌を持ち合わせていくようになっていったのでした。

こうした異様な状況から逃れたいと思いつつ、母を憎みきれないミツオは、ある日ペットショップの店員カナと出会い、次第に心惹かれていくのですが……。

完全なるカニバリズムの映画ではあるのですが、本作はあからさまな残酷シーンはほとんど出てきません。
フリーキッチンメイン
まあ、ちょっとばかし血まみれになったりするシーンはありますが、『グリーン・インフェルノ』のような即物的なおぞましいショットはありませんので、私のようにスプラッタ映画が苦手な気の弱い人でも、全然平気で見ていられます。

ただし、そういったシーンを見せず、完成した美味しそうな料理がグルメ映画のように移されていく分、逆に想像の翼が広がってしまって、鑑賞後、あとを引くことにはなるかもしれませんが、全体的にシュールでオシャレな世界観は、どこかブラックコメディ的な情緒を育んでおり、そこがまた妙味ともいえるでしょう。

また、割かしシンプルなストーリーながら、実は用意周到に仕組まれた展開の妙で、ラストに至っては……おっと、これ以上は言わずが花ですね。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事